ジェナー 〜ニムの秘密から〜

a0015997_21523059.jpg

3つ目の絵はまたもや「ニムの秘密」から、ジェナーです。
物語の中盤から登場して強烈な印象を残す、自分の中ではビジュアルから立ち居振る舞いから無茶苦茶カッコイイ究極の悪役キャラです。
この「ニムの秘密」という映画は一応原作があるのですが、独自の脚色としてトールキンの「ホビット」や「指輪物語」のような味付けを加えているところが魅力といえます。
それがやや暴走してしまっているせいか、後から考えると一部設定にムリがあるところもあるんですが、力技でエンディングまでもっていってしまうような映画です。

この絵はクライマックスの剣術シーンをイメージしてます。
いやぁ、だいぶ時間かかりました。構図決まんねーわ、形とれねーわ…。なんとかひねり出しましたが正直無謀だったか?と思うことしばし。
映画本編では何十倍も凄い絵が登場フレーム数分あるわけで…。
ちょっと太めになってしまいましたがホントはもっとシャープなかっこよさがあります。
液晶タブレットのcintiqをタテにして描いてみたらすごい快適だった。2年前のものだけど買っといてよかった。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-11-23 22:56 | カートゥーン


<< Feed the Kitty ドナルドダック家系図 >>