タグ:3DCG ( 34 ) タグの人気記事

Shorts DrawerとStash SIXPACK

この前のエントリーで触れたStashの影響でまたいくつかDVDを購入。
一つは、というか1種類目は海外のCG情報サイト3D Totalが出しているShorts Drawerというヤツ。
2004年版と2005年版があるけどその両方。
 もう一つ目はStashの6枚組パックStash SIXPACK
あわせて8枚も買い込んでしまいました。
2月中頃に同時に注文してShorts Drawerが先週金曜、 SIXPACKが昨日の土曜日に来ました。
値段としてはSIXPACKがニンテンドーDS本体と同じくらい。Shorts Drawerが2つあわせて五千数百円なのでDSソフトぐらいでしょうか。自分としてはDS買うよりこっちの方がいい。

 Shorts Drawerのほうは、やや学生というか、ハイアマチュアの作品が多いかなという印象。特に2004年版がそうなんですが、デザイン、絵作り、アニメーションはプロ並みなのにお話がしょーもなかったりするのが多かった。BlurのRock Fishが入ってるのが救い。
 2005年版の方ではしょーもない作品も若干あるものの、結構ユニークな作品が多かった。
個人的に好きなのは"Employee of the month"というもの。よくマンガでアイデアを思いついた時、電球が頭の上にピコーンと光る表現がありますが、それを利用した作品。主人公は会社員で締め切りまでに一定の大きさの電球を出さないといけないのだが、懸命にアタマを絞っても一向に出てこない。一方デキる奴は抱えるほどでかい電球を生み出して…という話。なんだかもう切実な感じで良かった。ホントにアイデア賞もの。
残念なのはBucketという作品。なんと途中で切れてる! マックスウェルレンダーの作例でよく出て来る博士二人組のアニメで、どこかweb上で見たような記憶がある。
多分このディスクだけの問題じゃないような気がするんだが…

SIXPACKはさすがに全部は見切れていません。6枚組というのでどんなパッケージかと思ってたんですが、BOXタイプではなくて、厚みがトールケース2個分ぐらいしかない非常にコンパクトなケース。
開けてみるとディスクがテンコ盛り。
a0015997_22594090.jpg

そのかわり単品では付いて来るブックレットが入ってない。ここは気にする人もいるかも知れないですが、自分は特に問題なし。
CMやTV局のタイトル、ミュージックビデオなどが多いので、やっぱりShorts Drawerより人も金もかかってる印象。Shorts Drawerは画質にバラツキがあるけどさすがにこれは高画質。スクイーズじゃないんですが。

最近はビデオポッドキャストでもChannel Frederatorをよく見ていて、自分的にルーニーテューンズ以来の短編アニメマイブームという感じ。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2007-03-04 23:37 | 3DCG

STASH

ふだんあまり縁のなさそうな映像系のDVDを何枚か買ってみました。
そのうちひとつは、DVDマガジンのSTASH
これはアニメーションやVFXを駆使して作られたCMやタイトルバック、ショートフィルムなんかを集めたオムニバスDVDです。
既に20巻以上発売されていて、渋谷のツタヤに結構おいてあって気になっていたのですが、そのうちSTASH4を買ってみました。

全体の収録時間としてはそれほど多くない(30分ぐらい?)ですが、かなり濃密な映像がテンコ盛りなので結構お腹いっぱいになります。
この巻の目玉は表紙にもなってるBlurStudioのGopher Brokeですが、次点として同じくBlur制作のWarhummer 40,000のトレーラーがものすごい迫力だったのと、ダグ・チェインというデザイナーさんの長年のプロジェクトROBOTAのティーザートレーラーがよかったです。
Gopher Brokeは見ればわかる通り、なんといってもゴーファーの表情がいいですね。
ドリームワークスなど、カートゥーンタッチのCGを見てからだと、やや動作に誇張が足りないかなという感じではありますが…
Blurについては以前このブログでも紹介しましたが、短編制作に力を入れていて、ほとんど次期ピクサーな感じが濃厚です。

ページ数の多いブックレットが付属していて、なかなか好感が持てました。
1巻4400円は高いけど、内容としては満足でした。
ちなみにSTASHシリーズは在庫が切れると終わりなので巻によっては入手困難かも。
このSTASH4も店頭では1本だけでした。

他に買ったDVDは気に入ったらエントリ起こします。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2007-02-10 00:22 | 3DCG

オープンシーズンをこれから観に行こうとしている人へ3つのtips

1. 品川のメルシャンIMAXシアターで3D方式で上映されています。

2. 3Dメガネは劇場で配られますが、偏光メガネ方式なのでチキンリトルやナイトメアの3D版でもらったメガネが、たぶんそのまま使えます。左右も同じだと思うけど、万が一左右逆方式が採られていて見え方がヘンだったらメガネを逆さにするといいかも。

もっと読む
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-12-17 00:34 | カートゥーン

自分ネタを少々

 ここに書くかどうか迷ったんですが、今後記事を書いてったとき個人的にチグハグな感じになりそうだったのでちょこっと書いておきます。
 先日のデスマ開けをもって7年ほど勤めたところから去る事になりました。
 CGといえばCMかゲームな感じの日本で、ラッキーな事にTVその他向けの、ストーリー性のあるCGアニメに比較的多くかかわって来れました。最後の数年はアニメーションで大事な役目ももらったし、一方で末期はかなり過酷な状況にもなりましたし、貴重な経験ではありました。スタジオは最後”そして誰もいなくなった”ってぐらいの感じで、もはや当分のあいだプロジェクトを回せなくなってましたね…。
 はて、1年後、3年後、5年後、自分がどうなってるか想像もつきませんし、映像を取り巻く環境もiTunesやらYouTubeなど最近大きな動きがあるので、それらの影響が何らかの形で自分の身近にでて来るかもしれません。まぁ遅かれ早かれあるでしょうが、いい方向である事を祈るばかりです。

とりあえず自分としては、なんとかウデの落ちないよう基本的な事を大事にしつつ、できればゲームよりもストーリー性のあるCGアニメーションに関わっていきたいですねぇ。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-10-16 00:26 | その他

Cars2周目

サントラも買って予習しておきました。
なんと2回目でも面白かった。多少覚めるかとおもったら余計にハマったかもだ。2時間があっという間。
どうも漠然と感じるのだが10点満点中10点だ。どこがどういいのかという分析がなかなか出来ないが、とにかく全部好きだ。
派手なレースシーンがいいのか、主人公のマックイーンがいいのか、メーターがいいのか、ラジエータースプリングスの連中がいいのか、その風景がいいのか、トレーラーのマックがいいのか、よくわからないが、全部いい。
これはグッズを買うとか、メイキングを観るとか、関連本を読むとか、そういう事では代用できない魅力で、本当に映画の中にしか好きな要素が存在しない。というかできない。
なんなんだろうな。はやくDVDが欲しい。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-07-30 22:54 | カートゥーン

ピクサー展についてつらつら

今日はピクサー展に行ってきました。
いままでピクサーのメイキング本などをみてもコンセプトアートについてはそれほど関心を持てないでいました。というのも、あまりにシンプルな作りのために物足りない印象を持ってしまうのです。
でもこのピクサー展は行って大正解でした。プレビジュアライズ段階の生原稿からはアーティストの手作り感が滲み出ていました。コレは印刷物にした段階で大幅に損なわれるか、ほぼ0になってしまうぐらいの質感でした。なので図録も買ってません。

モノクロや線画の絵は大きいんですが、カラーコンセプト等の絵はほんとうにサムネイルといったぐらいの大きさでした。それでも劇中そのままの雰囲気がでている。
同じ絵を液晶ディスプレイでスライドショウしてたりするんですが、ディスプレイを通すとほんとにCGとおなじ画面にみえるのがすごい。

会場の最初と最後に大掛かりな展示があリました。
最初の方はコンセプトアートの世界に没入していくような映像作品。
絵は平面だけども3Dの奥行きを感じる動きになっていて、かなり見応えあります。
DLPを4台横につなげて5:1ぐらいの超ワイド画面にしてありました。

最後はジブリ美術館の展示からインスパイアされた立体ゾーエトロープ。
円形のステージをトイストーリーの人形がいくつも取り囲んでいる。ステージが回転し始めて、照明がストロボになると人形がアニメーションしているようにみえる。
実際に観るとほんとうに滑らかにアニメーションしている。特にぞろぞろ出てくる3つ目エイリアンがとてもカワイイ。
しかしカワイイからと言って、もしコレに触れようものなら超高速で回転するオブジェに巻き込まれて大惨事になることでしょう。安全策のためにガラスで囲まれてるのでその心配は無いですが。でもあれは触ってみたくなります。


p.s.最近「ピクサーが制作」などといってヌルい人をだましているグロテスクなCGキャラクターが居るようですが、否定しようとして話題にすると知名度が上がってしまうのでそんな釣りには釣られないでくださいクマー。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-07-17 01:14 | アート

カーズついてつらつら

カーズはすでに先週見に行ってたんですが、記事にするタイミングを逃して現在に至ります。
DVDを買ったら結構ちょくちょく見返す作品になりそうです.
たぶんイクスピアリのDLP上映をもう一回ぐらい観そう。次はもっと前の方でディテールを堪能してこよう。
イクスピアリっつーところもまた異様な空間ですよね。この映画の場合、映画館の外にも2重3重に関連グッズやらフォトロケやらで取り囲まれてる状態になってました。それで隣にはランドとシー(いや、それがメインなんだけど)で5重6重の包囲網が敷かれている感じ。
ふだんはあまり入らないんですが、ついつい釣られてディズニーストアのカーズコーナーに立ち寄ってしまいました。

釣られて入ってしまったのはやはりキャラクターのせい。予告編や映画紹介では車のキャラクターが今ひとつピンとこなかったんですが、映画を見た後は印象が一変している。これは1作目のトイ・ストーリーでもそうでした。ここら辺がピクサーは本当にうまい。
ちなみにメーターのおもちゃが劇中そっくりの動き方をするので感心しました。

カーマニアが観ても楽しめるポイントがいくつもありそうですが、この映画を観てカーマニアになる事はないでしょう。この映画の車と実車では魅力のポイントが全く違うので。
ただしこの映画を見た子が大きくなって別方面からカーマニアになって、その後この映画を見直してみたらぶったまげた…という事は起こるかもしれません。

個人的にはラジエータースプリングスの岩が車の形をしてるのが好き。

日本語版は画面のローカライズがいつにも増して徹底してたなぁ。
赤坂”エイ先生”泰彦はもしかするとポスト山寺宏一になったりして。それはないか。
日本語版演出はまたしても木村絵里子氏。「バックスバニーのぶっちぎりステージ」のころからちょくちょく目にするお名前です。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-07-17 00:15 | カートゥーン

目を作ってみた

なんとなく、こんな感じにしてみました。
a0015997_21403659.jpg

a0015997_21474597.jpg

球状の目玉を入れるようなモデリングは初めてだったりします。
結構それっぽくなった。
マンガチックなのはご愛嬌。
目蓋のちょっとした上下でだいぶ表情が変わりますね。
メッシュの切れ方を変えたり構造を変えたりするときLWだと結構ストレスを感じてましたが、modoだと全然感じなかった。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-03-12 21:55 | 3DCG

modoスゲェな

結局他のツール試すこと無くmodoをポチッといってしまいました。
9万は高いなぁと思う向きもあるかもしれないですが、次バージョンも無償アップデートだし、なにより基本で出来る事が強力すぎ。

今日日本語パッケージが届いたので、インストールして日本語ヘルプをつらつら見たり、チュートリアルやったりしてました。
そのあと中断中のモデルを引っ張りだしていじってみた。
a0015997_2023331.jpg

こんなやつをエッジやポイントを引っ張ったりいろいろしてみたところ、10分ほどでこんな感じに
a0015997_20251986.jpg

Lightwaveのモデラーだったら10分でコレはあり得ないっすヨ。そーとー慣れた人ならどうか知らんけど。
まぁ、もしかすると10分以上いじってたかもしれないけど、体感ではそのぐらい。面白いように動かせる。
どこかでも書いてたけど、ほんとにこれはLWのモデラーには戻れないです。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-03-11 20:29 | 3DCG

modoがなかなか良い

modoという3Dソフトを試してみました。
なんでもLightWaveの開発者がスピンオフして立ち上げた3Dツールらしいです。
まだモデリングツールしか無い状態ですが、将来的にはアニメーションまでサポート予定だそうです。
modo日本語版
体験版は開発元から
モデリングツールの基本的な操作系がLightWaveのModelerにそっくりなので、自分の場合非常に取っ付きやすい。
なおかつ最初からポリゴン法線軸での移動をサポートしてたり、ポリゴンの途中から簡単にエッジを作れたりするので、LightWaveみたいに悩んだりする事が無いみたいです。
まぁLW8.5から同様の機能はついてるけど、ちょっと建て増し感というか、怪しい動きをするのと、なにしろOSXでのLW8.5が非常に不安定なので、個人的にmodoにかなり傾いています。
”ちょっとこうしてみよう”と思ってやってみるとそのままサクサク作り込めて行けそうな感じです。
modo+LW7.5(コレは問題なく動く)の組み合わせで行くというのを考え中です。
LWのデータがそのまま使えるので、中断中のヤツを再開できるかなぁとか。この右に居るヤツとか…。

今流行りのZBrushという選択もありですが、0から覚えるのがなぁ…。アレも面白そうだけど。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-03-05 23:02 | 3DCG