タグ:カートゥーン ( 57 ) タグの人気記事

Mr.インクレディブル

イクスピアリのDLPで見てきました。
ディズニーのアニメは可能な限りDLPで見るようにしてる。ピクサーのCG作品に至ってはもうフィルムでは見たくなくなるぐらい奇麗に映る。
今回おまけのバウンディンの他、Carsの予告編までDLPだった。

で、本編ですが、見てて思ったのはやっぱり人間の描写がホントに自然なこと。
動きの場合はいままでのCGとどこが違うかは解らないんですが、あきらかに違ってることはわかる。きっと筋肉とか贅肉のたるみやら髪の毛、服の揺れなど相当細かいことの複合作用なんでしょう。
ごく普通のしぐさでも動かしてる部分が非常に細かい。キャプチャーでなく手付けであそこまで細かい動きをつけてるのはすごいね。きっと何でもないシーンが一番難しいんだろう。
あと皮膚の透明感がDLPだとよくわかる。ここも大きな課題の一つだったんでしょう。
個人的には現代家屋のCGがちょっと懐かしさも感じた。80’末から90年代はじめの頃、シーグラフではピクサー以外でもこんなキッチンのでてくる短編がずいぶん作られていたけど、そういうのを彷彿とさせた。

内容ではやっぱりアクションシーンがすごかった。
秘密基地でのチェイスシーンもいいんですが、終盤の市街戦では目まぐるしいぐらい見せ場が展開する。なかなかこういうのは最近見てなかった。敵ロボットがやたら強いのもいいですね。

敵の秘書官は最初クールだったのが突然心変わりするため、もう少し背景を知りたかった。
あと赤ちゃんももっと活躍を見たかったね。今までのピクサー作品だとやたら子供が活躍してたのでもっと大きな見せ場があるかと思ったんですが、もしかすると作品を作り続けてるうちに活躍させたい子の年齢が上がってきてるのかもしれない。

終わったあとDVD屋に寄ったらトレジャーズのミッキー・カラーエピソード2が置いてあったので即買い。
予約キャンセル放出分とかで、これが5、6本とシリーシンフォニーが1本置いてあった。
予約までする必要は感じなかったけど、とりあえずラッキーでした。

追記;おくればせながら、あけましておめでとうございます。今年もこのブログをよろしくです。(ラジオ聞いたり録画ものを観たりで今ひとつ正月気分でなかったりする)
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-01-01 18:55 | カートゥーン

ベルヴィル・ランデヴー

いろいろなのが一段落しまして、やっと映画行くことが出来ました。
ちょうど雪降ってるし品川のアレに行こうかと思いましたが、こっちにしました。
劇場は偶然、元IMAXシアター(なんで辞めちゃったかはナゾ)。

カリカチュアがすばらしい。過剰なディフォルメの嵐。
話自体はなんということはないけれども、絵の見た目以上に映画全体のアクの強さはとても印象に残り、終わったあとでも「そういう視点」で周りを見てしまいたくなる。
人間キャラの顔はハデだが感情自体は抑え気味でシブさを出している。
情緒的なものは犬が一手に引き受けてる感じ。
音楽もいいのでサントラ買いました。

カエルがいい味です(・∀・)
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-12-29 21:20 | カートゥーン

ドナルドダック家系図

Don Rosa's Duck Family Tree - US version
某掲示板のディズニーチャンネルスレであがってました。それからしても3週間前のレスなんで反応遅いですが、そのスジではけっこう有名なんでしょうか。
ほんとスゴイ。ドナルドの両親なんて初めて見たよ。
ヒューイ、デューイ、ルーイの父親の顔が見えないのが笑える。
たしかガス・グースってのは短編に出てた気がするけどすごい遠い親戚だ
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-11-19 09:38 | カートゥーン

3Dミッキー


一応観たのでサラッと。
やっぱり最初は違和感バリバリ。第一話の内容がホントにどうでもいい内容だったのでよけいに辛かった。
デイジーがミニーと張り合うってのは話が見え過ぎでしょう。全然説得力がなかったので、きれいには作ってあるんだけどなんにも入ってこなかった。
これはヤバいかなと思ったが、2話目に入ってやっと落ち着いて観れた。ダック3兄弟が北極に行く話だが、まぁまぁの内容。ほんとに最初の1分程度ですっと入っていけた。
最後の話もそうだけど、サンタのアジトが簡単に見つかり過ぎなんだが…
あとはマックスの話が今イチなところぐらいで、まずまずの内容ではないでしょうか。
最後の話のトナカイのキャラがいい味。プルートも意外に良かった。
こういう3Dミッキーは、まぁ年に1度ぐらいだったらあってもいいかもですが、今後のシリーズを全部これで行くのはさすがにどうかと…。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-11-14 23:49 | カートゥーン

リトルフット観た

すでにけっこう前に見たんですがなかなか書く時間が無かったので。
心配した画面サイズですが…やっぱり4:3でした。OTZ
LDと見比べてみたらぴったしおんなじ。
これはどうも米版も同じ仕様のようです。
画質はディズニー物DVDにくらべるとだいぶ荒いかんじ。
英語音声は入ってますが、字幕は英語も含めて入ってないようです。
ラストに流れる"If we hold on together"にも字幕が入ってないので、この盤から見始めた人には歌詞の内容は分かりにくくなってます。意外と本編を意識した部分が入っているので、ここの字幕だけは欲しかった。とりあえずLD版を取っておく意味はありそうです。
吹き替え陣は後のシリーズにあわせたのか、一新されてます。前は子役が吹き替えてましたね。確かピートリーはそのまま三ツ矢雄二だったような。
本編の中ではリトルフットのことはブロントサウルスと呼んでいましたが、今はこの名前は使わないで、アパトサウルスというらしいです。
ドン・ブルース物がDVDになるのは相当久しぶりですね。自分としては是非「アメリカ物語」と「ニムの秘密」を16:9で観たい物です。ニムは絶望的かもしれんがファイベルの方は多少希望が持てるかな?
御大の方も新作が途絶えて久しいです。タイタンA.E.の失敗×2Dアニメ衰退のダブルパンチで相当厳しいのかもしれない。キネ旬によると1937年生まれだそうで、世代的には宮崎駿(41')、高畑勲(35')なんかとほぼ同じと言っていいでしょう。引退するまでにせめて一本ガツンと作ってほしいものです。HPの近況によると、なんかストーリーボードについての本を出すみたいです。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-11-01 09:34 | カートゥーン

ナゾの恐竜大陸


ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン|リトルフット
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 ドン・ブルースの代表作で、その後なぜか別人スタッフでのシリーズが始まってしまった「リトルフット」のオリジナルが、やっっっっっっとこさDVDになるそうな。
スカパーのDVD新作情報番組で知ってびっくり。10月22日だって。全然知らなかった。
「ニムの秘密」で長編デビューしたドン・ブルースがスピルバーグのもとで、「アメリカ物語」に続いてつくった作品。なんでもこれで当時米国長編アニメ史上最大のヒットになったんだそうな。そのころディズニーアニメは落ち目真っ最中。いまではちょっと考えられないくらいアメリカ製のアニメがなかった時代でした。
 日本では「謎の恐竜大陸〜リトルフットの冒険〜」というモノ凄いタイトルで公開されました。ひたすら”恐竜”が強調されてますね。本編見ても別に”謎”も何もないんですが。
ただ、自分にはリアルタイムでの記憶はありません。まだその頃はこの手の物に全く関心なかったので。
レンタルビデオを吹き替えで見たのが最初でした。関心を持ち始めたころで、ドン・ブルースの名前も知っていたかどうか…? 子供っぽいんじゃないかと警戒しながら借りた気がする。
LDは持っていますが、買うタイミングがかなり遅かったので字幕版しか見つからず。吹き替えが欲しかったんですが、案の定、字幕にキャラが隠れちゃうシーンがあった。ということで自分はアニメの場合は吹き替え派です。
このDVDで心配なのが画面サイズ。ユニバーサルのリンクだと4:3って書いてあるんですが…。マジっすか???
アマゾンではこちら
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-10-17 22:16 | カートゥーン

ローバー・デンジャーフィールド

米コメディアンのロドニー・デンジャーフィールドさん死去
このかたは残念ながら日本ではあまり有名ではありませんが、自分がこの方を初めて知ったのは、その名も「ローバー・デンジャーフィールド」という長編アニメからでした。
a0015997_22194233.jpg

もっと正確に言うと、そのアニメのサントラが輸入物のCD屋の店頭に飾ってあって、そこでこのアニメの存在を知りました。10年以上前の話ですが、カートゥーンに注目し始めたばかりの自分にはうってつけのもので、即ジャケ買いしました。紙製の縦長ケースになっていて結構目立つ感じだったんですが、破かないとあけられない構造になっていてちょっとヤだったな。
内容はミュージカルで、あいだに劇中の音声が挟まる構成になってました。ディズニーものみたいに盛大に盛り上がるタイプの曲調ではなかったので最初はちょっと期待はずれか…とおもったのですが、何日か聞いているうちに好きになっていきました。ナゴミ系なのですね。
ただ、肝心の本編がいくら待っても公開予定がなく、当時インターネットもなかったのでこの映画の情報は文字通りまったく入ってきませんでした。
結局、この映画をはじめて見ることが出来たのは、なんと今年のお正月、カートゥーンネットワークでの放送でようやっと目にすることが出来ました。

もっと読む
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-10-06 23:52 | カートゥーン