タグ:カートゥーン ( 57 ) タグの人気記事

LDゲーム ドラゴンズ・レアについて

妖怪描きの日記 7月3日の記事にて、



この表紙を見て思い出されたモノがある模様。

この表紙の人物は劇場アニメのキャラではなくてドラゴンズ・レアというゲームのキャラクターです。
ドラゴンズ・レアは今から22年前(1983)にゲームセンターに設置されたLDゲームです。
a0015997_1243100.jpg
LDゲームというのは、一般的なゲームと違って内部のレーザーディスクから映像が再生されるため、全く普通のビデオ映像をゲームとして楽しめるという特徴がありました。
そんなシステムとドン・ブルースのアニメーションが最高の形で合わさったものがドラゴンズ・レアでした。

内容は全く単純で、ドラゴンにさらわれた姫を助けるため、ドラゴンの住む古城に単身乗り込み、数々のトラップを回避していくというもの。
当時のアーケードゲームといえばドルアーガの塔とか魔界村とかドラゴンバスターとかがありまして、中世ファンタジーに一種の憧れがあったころで(ドラクエの4、5年前か?)、それらの横でこの筐体から流れる映像はものすごいインパクトを与えるものでありました。
「ディズニーっぽいLDゲーム」といえば、ほぼ間違いなくコレを指してます。
ただし難易度はかなりのもので、自分の場合あっという間に3回死んでゲームオーバーになってしまうのですが、それでも映像の魅力には逆らえず、性懲りもなくまたやってしまうというゲームでした。

このゲームには続編として同様のシステムのDragon's Lair IIが存在しています。
副題にTimeWarpと付いていて、さらわれた姫を救いに様々な時代を駆け巡るという内容になっています。
最近PS2用にDragon's Lair 3Dというものも発売されました。

このゲームは現在、Digital LeisureというメーカーからDVDとして発売されています。DVDのインタラクティブ機能を使って当時と全く同じ状態でプレイできる他、すべてのシーンを通しで鑑賞する事ができます。
オンラインストアのDVD-Videoのリンクをたどると何種類か出てきます。

お勧めはDragon's Lair 20th Anniversary Box Setです。
Dragon's Lair I , II に加えてSpace Aceという、同じくドン・ブルースが参加した宇宙もののLDゲームがセットになっています。
なんといってもうれしいのは全部リージョンフリーだという事。普通に日本のDVDプレーヤーで再生できてしまいます。
このBOXセットを買ったのはこのブログを開設する前だったのでいままで言及する機会がありませんでしたが、ココでやっと紹介できます。

後年アメリカ物語→リトルフット→ニムの秘密と観てきてすっかりドン・ブルースのファンになった頃、ふとした事から自分が既にドラゴンズ・レアを通してドン・ブルース作品に出会っていた事を知り、相当驚いたと同時に思いっきり腑に落ちたのを覚えています。”ニムの秘密”の持つ雰囲気が、ドラゴンズ・レアのそれと全く同じだったんです。自分がドン・ブルース御大にドップリはまってるのはこうした事があるせいなのです。

追記:年数の計算間違ってたので訂正
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-07-11 00:32 | ゲーム

ドローイングレッスン

karmatoonsというアニメーターのサイトから、
クラシックアニメーションの描き方の記事がありました。
DRAWING FOR CLASSICAL ANIMATION
例によって英文は読んでないのですが(^^;)
この下の方にあるpage1からの内容がとてもよくできています。
すべて手書き画像で説明してますが、見ているだけでも楽しい内容です。
向こうの人にとってのキャラクターの基本は、伸び縮みする砂袋に手足をつけるという考え方なのですね。
どうりでみんな柔らかいワケだ。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-07-10 00:27 | カートゥーン

ニムの秘密にまとめ記事が!

「観たり読んだり聴いたり、感想日記」のゼロセットさんがこのたびニムの秘密のまとめ記事を作成されました。こちらです

2005-06-15 Wednesdayの日記より
このブログでも何回も”ニムの秘密”には触れてますが、書き出すと大変そうだったのでちゃんと説明してませんでした。
それがこの記事ではあらすじやスタッフ、キャストはもちろん、クリエイターがこのアニメについて語った部分を抜き出してリンクを張ったり、ファンアートも紹介して(あがっ、じ、自分のが…すみません…)いるなど非常に充実しています。
今後も追加していくみたいなので楽しみです。ぜひ見に行ってみてください。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-06-15 22:28 | カートゥーン

Don Bluth's The Art of Storyboard



御大の本キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━( ゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!
絵コンテ、アニマティック、カラーキー等の技法などを中心に書かれた本です。
以前ドン・ブルースがインディーズ出版していたToonTalkという雑誌の特集記事を彷彿とさせる内容で、なかなか読み応えありそうなんですが、果たして英文でどこまで読めるでしょうかねぇ…。
もちろん図版も豊富ですが、その一つ一つがまた映画の各場面の特徴をよく出してます。
モノクロで描かれているんですがその状態ですでにドン・ブルース映画独特の陰影がついています。映画のシーンがフラッシュバックしまくりで思わず頬が緩む。
ゆっくり読んでいきたいと思います。

 The Art of Animation Drawing はもうちょっとかかるみたいだったので先に送ってもらったんですが…とHP見たら今日発売じゃないですか。まもなく来そうですね。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-05-12 00:10 | カートゥーン

Don Bluth御大の新作が途絶えて久しいので

お布施しておきました。


[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-04-02 10:44 | カートゥーン

悪名高きLoonatics

ワーナーがルーニーテューンズのアレンジシリーズとしてLoonaticsなる物をはじめるそうであります。
まぁ、リンク先を見てもらえばわかると思いますが、なんともまぁ原作への敬意のカケラも無い酷い世界観の物でありまして、アフォかというかまたかというか。
まぁこんなのは 枚挙に イトマが 無い訳で、 特に気にしてはいなかったんですが、すらっぷ・はっぴーDiaryさんのブログで現地のファンの反応が出ていました。
loonaticsの絵にびっくりしてるバッグスがワロス。
元ネタでは初登場当時のバッグス自身の姿にびっくりしてたんですが、さすがにこっちの方がショックはデカイでしょうな。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-02-24 00:45 | カートゥーン

そういえば

もうホーム・オン・ザ・レンジが売ってるのですね。
今までのディズニーアニメだったら「いよいよ○日発売!予約受付中!!」とか、うるさいぐらいにコンビニ等々で宣伝されてたワケですが、
今回は未公開だけに、誰にも知られずひっそりと店頭に。
そんでこれがディズニー最後の2Dアニメ。
う〜む、なんとも哀愁を感じるハナシです。

一応自分は買うつもりではありますが、まぁとくにあわてて買うこともないと思うので、そのうち。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-02-17 23:53 | カートゥーン

いやぁ…予想はしていましたが

2月12日21時現在ディズニーチャンネルで放送しているのはなんと


ニムの秘密2



どいうわけかドン・ブルースを無視して全くの別スタッフで”突然”作られた続編です。
もうパッケージの絵からしてモノ凄いことになっていたので、内容は推して知るべしという感じなのですが、
恐る恐るチラ見してみたら、まぁ〜 凄いのなんの。
否、ディズニーチャンネルに於いては寧ろ自然か。
だってどう見ても

チップ&デールのTVシリーズにしか見えない

んですから。

ちなみに元祖ニムの秘密の劇場版ポスターはこれ
そして現在元祖のDVDに使われているパッケージはこれ

orz

一体あのクォリティーはどこに…。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-02-12 21:37 | カートゥーン

総統の顔

ディズニー関連のブログ検索を見てたらこんな記事を見つけました。

戦時中に作られたドナルドダックの「総統の顔」っていう短編だと思いますが、キャプチャーされてこんなところにアップされてます。

たぶん米国版トレジャーズのOn The Front Linesからの物だと思いますが、う〜ん、なんだかな〜。
日本じゃ見れないし、ずいぶん珍しいモン見れたとは思いますが…

小野耕世の「ドナルドダックの世界像」の中で大枠が紹介されていたのを思いだす。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-01-15 02:03 | カートゥーン

ミッキー カラーエピソード2

特に期待してなかったDVDですが、さきに2枚目の方を見てちょっと感激。
いままでスタンダードサイズだと思っていた「ミッキーのクリスマスキャロル」がノートリミングのワイド収録だった。
てっきりテレビスペシャルのための物かと思ってたのでワイドだとは知らなかった。
画面広々、ディテールバッチリ、色鮮やかで大満足です。
LDが初見だったのですが、テーマ曲が最高で感動したのを思い出す。

王子とコジk…いや王子と少年の方ももちろんワイド収録。
確か91年ごろ、簿記の試験をサボって渋谷のディズニー映画祭に見に行ったのが最初。
(その時はまだリトルマーメイド公開前だったか。)前売りがとれなかったので当日券のために並んだなぁ。
LDも持ってるけどそっちはワイドじゃないので、そのとき以来ということになるでしょうかね。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-01-06 00:21 | カートゥーン