タグ:アニメ ( 6 ) タグの人気記事

映像をめぐる冒険vol1 イマジネーション 視覚と知覚を超える旅

公式サイト
写真美術館で先週土曜から始まったらしい。
入場料も500円だし、写真美術館の地下の小さめの会場なのであまり期待しないで行ってみたけども、個人的にはなかなか興味深かった。

特に「覗きからくり」というか、アニメのマルチプレーンの原型のような模型を実際に見れた事が良かった。19世紀後半頃のモノらしい。
以前から写真美術館が所蔵してるというのは知っていたけども実際に見る機会は初めて。何回か展示してたらしいんですが。
いい資料がないか検索したらAmazonで売ってたよ!
ヴェルサイユの庭園-のぞきからくり絵本
同様のもので強調遠近法を使った模型もあってそれも面白い。

個人的にもう一点興味深かったのが、20世紀初頭、映画黎明期の映像を紹介するところで、このころ既に高速度撮影が行われていたこと。
シャボン玉が割れる瞬間、弾丸を発射する瞬間、弾丸が木に命中する瞬間が粗いモノクロながらスローモーションで撮影されてるのは驚きでした。
だいたいの人物の映像はサイレント風のチョコマカした動きなんだけども、一部スローモーションで動く映像があって非常に新鮮でした。

細かいところではゾーエトロープを手に取って見られるテーブルや、
一見ゴチャゴチャしたオブジェのように見えるものが、1方向から光を当てると、舞浜辺りにお住まいの「ハハッ☆」な人の影になるというものがあったりしました。

09年2月15日までだそうです。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2008-12-23 23:08 | アート

ホートンの"Anime"シーン

ホートンのBlu-rayを見ててちょっと考えてしまった事が有るので久々に更新。

だいたい自分はカートゥーンものをみるときは吹き替えで見る事にしてる。
字幕があっても、絵が文字で隠れるのが好きじゃないのでほとんど字幕では見ない。
今回気分を変えてホートンの一部を字幕なしで原語で見てみた。
この前のエントリーでも書いたようにホートンのCGはこれまでにないくらいキャラクターの顔の表現が誇張されてる。ちゃんと英語を発音してるように見せるため、たった1秒の間にオチョボ口から大口まで目まぐるしく変化する。本来CGでここまで形を大きく変化させるのは、モデルの構造が破綻しやすくて非常に難しいのだけれども、それをサラッとクリアしてその上魅力ある表情を作り出している。
まぁCGは置くとしても、とにかくアチラのアニメーションは音と口の形を合わせるリップシンクをものすごく重視している。映画に限らずどんなに安っぽくて枚数の少ないアニメーションでも口の形は発音に合わせるように作ってある。

ところで、ホートンには日本のアニメをパロディにした2Dアニメーションのシーンがある。突然どうしたのかと思うけども、遊びゴコロを感じるシーンではある。
実はココ、吹き替えでは全く分からないけれども、原語で見るとこのシーン「だけ」リップシンクが完全にはずれている。あれほど執拗にこだわっていたリップシンクをここだけまったく無視して動かしていて、ほかのシーンを見慣れるとちょっとした違和感を感じるところだ。自分が思うに、これはきっと欧米人が日本のアニメを見るとき常に感じているのと同じモノなんではなかろうか。
欧米人が日本のアニメを見るとき、こだわりのある人以外はだいたい吹き替えで見ると思われる。もともとの言葉が違うのでリップシンクはしなくて当然なんだけれども、さらに加えて日本人は口と音のタイミングさえ合っていれば発音と口の形にはほとんどこだわらないために、口の開け閉めだけの動きになる。
日本人には自然に見える口も、英語に置き換わったとたん、現地の人には全くしゃべっているように見えない。そういう違和感がAnimeには常についてまわっているのだというのをこのシーンで実感させられる。
ホートンのスタッフに悪意があったわけではないと思うが、やはりリップシンクさせると「アニメ」らしくみえないんだろうか。




顔の表情を見る時、日本人は目に注目して、欧米人は口に注目する傾向があるというのをどこかで読んだ。AAの顔文字にもそれが現れてるんだそうな。
(^_^) と :-) ね。おなじ笑うにしても向こうの人は口が笑っている方がそれらしく見えるらしい。そんな記事もあわせて思い出した。文化的な違いについて考えさせられるシーンだった。

こういう文化的な違いについてもう一つ感じてる事があるけどもそれはまたいつか。



[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2008-11-30 22:40 | カートゥーン

スイスイ!フィジー!

このブログで自分が関わった仕事の報告をしたいと思っても、ここ3〜4年いろいろな事情で紹介できなかったりしたんですが、ここ1年ほどやっていたプロジェクトが放送される事になりました。

『スイスイ!フィジー!』
2007年10月4日(木)から NHK教育テレビで
毎週木曜と金曜 朝7:15〜7:25
1話約5分で、1日2話ずつ 週4話放送です
「メイシーちゃん」の原作者による、さかなのキャラクターを主人公にした作品です。

ツールは3DCGなんですが、絵本そのままにするため2Dです。
自分は各キャラクターのセットアップ(動く仕組み付け)と、基本の泳ぎモーション、
あと本編のアニメーション付けを何話かやっています。
キャラクターが何もしてないときは基本モーションで泳ぎ続けてるわけですが、
自分の担当でないシーンでも見覚えのある動きをしてるのは非常に不思議な感じです。
表現が2Dなので見せ方をごまかせる部分もあれば、どう動かすかだいぶ悩まされるところもありました。

早起きして気が向いたときはちょこっとチャンネル回してやってくださいm(__)m

ZAKZAKの報道記事
公式サイトhttp://www.fizi.jp
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2007-10-03 01:58 | 3DCG

Shorts DrawerとStash SIXPACK

この前のエントリーで触れたStashの影響でまたいくつかDVDを購入。
一つは、というか1種類目は海外のCG情報サイト3D Totalが出しているShorts Drawerというヤツ。
2004年版と2005年版があるけどその両方。
 もう一つ目はStashの6枚組パックStash SIXPACK
あわせて8枚も買い込んでしまいました。
2月中頃に同時に注文してShorts Drawerが先週金曜、 SIXPACKが昨日の土曜日に来ました。
値段としてはSIXPACKがニンテンドーDS本体と同じくらい。Shorts Drawerが2つあわせて五千数百円なのでDSソフトぐらいでしょうか。自分としてはDS買うよりこっちの方がいい。

 Shorts Drawerのほうは、やや学生というか、ハイアマチュアの作品が多いかなという印象。特に2004年版がそうなんですが、デザイン、絵作り、アニメーションはプロ並みなのにお話がしょーもなかったりするのが多かった。BlurのRock Fishが入ってるのが救い。
 2005年版の方ではしょーもない作品も若干あるものの、結構ユニークな作品が多かった。
個人的に好きなのは"Employee of the month"というもの。よくマンガでアイデアを思いついた時、電球が頭の上にピコーンと光る表現がありますが、それを利用した作品。主人公は会社員で締め切りまでに一定の大きさの電球を出さないといけないのだが、懸命にアタマを絞っても一向に出てこない。一方デキる奴は抱えるほどでかい電球を生み出して…という話。なんだかもう切実な感じで良かった。ホントにアイデア賞もの。
残念なのはBucketという作品。なんと途中で切れてる! マックスウェルレンダーの作例でよく出て来る博士二人組のアニメで、どこかweb上で見たような記憶がある。
多分このディスクだけの問題じゃないような気がするんだが…

SIXPACKはさすがに全部は見切れていません。6枚組というのでどんなパッケージかと思ってたんですが、BOXタイプではなくて、厚みがトールケース2個分ぐらいしかない非常にコンパクトなケース。
開けてみるとディスクがテンコ盛り。
a0015997_22594090.jpg

そのかわり単品では付いて来るブックレットが入ってない。ここは気にする人もいるかも知れないですが、自分は特に問題なし。
CMやTV局のタイトル、ミュージックビデオなどが多いので、やっぱりShorts Drawerより人も金もかかってる印象。Shorts Drawerは画質にバラツキがあるけどさすがにこれは高画質。スクイーズじゃないんですが。

最近はビデオポッドキャストでもChannel Frederatorをよく見ていて、自分的にルーニーテューンズ以来の短編アニメマイブームという感じ。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2007-03-04 23:37 | 3DCG

日本アニメ史

NARCOLEPCYさん経由。

何故、日本は世界にも稀なアニメ大国になったか <黎明期の先駆者達1917-1963>


すげぇぇぇ。
1週間ほど前の記事で情報が古いかもしれませんが、
活動写真時代から「わんわん忠臣蔵」あたりまでの日本アニメの歩みが記されてます。

斜め読みしてたら”メイク・マイン・ミュージック"の文字が見えて あれ?と思ったのですが、
傍流としてディズニーアニメ作品の公開時期もあわせて記載されていました。
これが掲示板への投稿記事というからすごい。つづき希望。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-06-10 11:48 | その他アニメーション

なぜかビルバインが…

いまごろですがホーム・ムービーズをよく見たりしてます。
30分物のアニメはとんと観なくなったんですが、これだけは思い出したように観たくなることがあります。毎回欠かさず…というわけでは無いんですが。

で、録画した物を観ていて気がついたんですが、主人公のブランドンの部屋にあるロボットのおもちゃ…
これは…(クリックで拡大)
a0015997_1295571.jpg

なぜかビルバイン

ブランドンの部屋は同じ背景を使ってるみたいで何回か出てくるみたいです。
最初見間違いかと思ったんですが…
もっと良く見える回もあったんですが今確認できるのはこれだけ。
しかし、すごいチョイスだ。
ちなみにビルバインについてのおもろい記事

あと、かなーーーり昔の事になりますが、サザエさんの中のシーンで、オモチャ屋(売り場?)のシーンの背景にダンバインとスコープドッグが並んで描かれていたのを目撃したことがあります。
こういうお遊びは好きだw。問題にするんでなしに大目に見てやってほしいものです。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-02-12 12:31 | カートゥーン