映像をめぐる冒険vol1 イマジネーション 視覚と知覚を超える旅

公式サイト
写真美術館で先週土曜から始まったらしい。
入場料も500円だし、写真美術館の地下の小さめの会場なのであまり期待しないで行ってみたけども、個人的にはなかなか興味深かった。

特に「覗きからくり」というか、アニメのマルチプレーンの原型のような模型を実際に見れた事が良かった。19世紀後半頃のモノらしい。
以前から写真美術館が所蔵してるというのは知っていたけども実際に見る機会は初めて。何回か展示してたらしいんですが。
いい資料がないか検索したらAmazonで売ってたよ!
ヴェルサイユの庭園-のぞきからくり絵本
同様のもので強調遠近法を使った模型もあってそれも面白い。

個人的にもう一点興味深かったのが、20世紀初頭、映画黎明期の映像を紹介するところで、このころ既に高速度撮影が行われていたこと。
シャボン玉が割れる瞬間、弾丸を発射する瞬間、弾丸が木に命中する瞬間が粗いモノクロながらスローモーションで撮影されてるのは驚きでした。
だいたいの人物の映像はサイレント風のチョコマカした動きなんだけども、一部スローモーションで動く映像があって非常に新鮮でした。

細かいところではゾーエトロープを手に取って見られるテーブルや、
一見ゴチャゴチャしたオブジェのように見えるものが、1方向から光を当てると、舞浜辺りにお住まいの「ハハッ☆」な人の影になるというものがあったりしました。

09年2月15日までだそうです。
[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-12-23 23:08 | アート

ホートンの"Anime"シーン

ホートンのBlu-rayを見ててちょっと考えてしまった事が有るので久々に更新。

だいたい自分はカートゥーンものをみるときは吹き替えで見る事にしてる。
字幕があっても、絵が文字で隠れるのが好きじゃないのでほとんど字幕では見ない。
今回気分を変えてホートンの一部を字幕なしで原語で見てみた。
この前のエントリーでも書いたようにホートンのCGはこれまでにないくらいキャラクターの顔の表現が誇張されてる。ちゃんと英語を発音してるように見せるため、たった1秒の間にオチョボ口から大口まで目まぐるしく変化する。本来CGでここまで形を大きく変化させるのは、モデルの構造が破綻しやすくて非常に難しいのだけれども、それをサラッとクリアしてその上魅力ある表情を作り出している。
まぁCGは置くとしても、とにかくアチラのアニメーションは音と口の形を合わせるリップシンクをものすごく重視している。映画に限らずどんなに安っぽくて枚数の少ないアニメーションでも口の形は発音に合わせるように作ってある。

ところで、ホートンには日本のアニメをパロディにした2Dアニメーションのシーンがある。突然どうしたのかと思うけども、遊びゴコロを感じるシーンではある。
実はココ、吹き替えでは全く分からないけれども、原語で見るとこのシーン「だけ」リップシンクが完全にはずれている。あれほど執拗にこだわっていたリップシンクをここだけまったく無視して動かしていて、ほかのシーンを見慣れるとちょっとした違和感を感じるところだ。自分が思うに、これはきっと欧米人が日本のアニメを見るとき常に感じているのと同じモノなんではなかろうか。
欧米人が日本のアニメを見るとき、こだわりのある人以外はだいたい吹き替えで見ると思われる。もともとの言葉が違うのでリップシンクはしなくて当然なんだけれども、さらに加えて日本人は口と音のタイミングさえ合っていれば発音と口の形にはほとんどこだわらないために、口の開け閉めだけの動きになる。
日本人には自然に見える口も、英語に置き換わったとたん、現地の人には全くしゃべっているように見えない。そういう違和感がAnimeには常についてまわっているのだというのをこのシーンで実感させられる。
ホートンのスタッフに悪意があったわけではないと思うが、やはりリップシンクさせると「アニメ」らしくみえないんだろうか。




顔の表情を見る時、日本人は目に注目して、欧米人は口に注目する傾向があるというのをどこかで読んだ。AAの顔文字にもそれが現れてるんだそうな。
(^_^) と :-) ね。おなじ笑うにしても向こうの人は口が笑っている方がそれらしく見えるらしい。そんな記事もあわせて思い出した。文化的な違いについて考えさせられるシーンだった。

こういう文化的な違いについてもう一つ感じてる事があるけどもそれはまたいつか。



[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-11-30 22:40 | カートゥーン

全巻揃えたいマンガ


ジェフ・スミスの「ボーン」

 日本語版が3巻以降出ないので英語版買っちゃおうかと思ってる


安彦良和のガンダム愛蔵版

 1巻だけ持ってる。終わる頃には何巻になるんだろう。
 本棚が大変なのでスペースの見通しが立つまで保留中。カラー原稿のために持つ価値はあると思ってる。

本当はワールド・イズ・マイン も見てみたいけど、やっぱりスペース的につらいので見送り中

そういえば関係ないけどヨドバシカメラのガンプラ売り場はほとんどゲームの「上海」状態ですね。
[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-09-04 00:59

ホートン観たよ

「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」を観に行ってまいりました。
見終わって思い返すごとに、いやー良かったなぁという感じが増してきました。

まずはキャラクターたちがほんとうに魅力的なのがよかった。
とにかくその表情の豊かさは見事の一言。線画で描いたときのような表情のゆがみを完全に3Dで表現してる。1,2年程前にこの映画の最初のスチールが出たときは本当に度肝を抜かれたというか、ここまで柔らかなマンガ調にできるもんなのかと思った。しかも劇中ではそれがクルクルと変わる。

性格まで含めた魅力としては原作者の力ももちろんあるんだろうが、脚本や絵に落とす段階でも存分に愛情が注がれているのが伝わって来る。
前半はそれらのキャラクターが生み出すささいな騒動や世界観が非常にたのしい。
ホートンの仕草や行動はご機嫌なときも必死なときも見てるだけで楽しいし、ホコリの中の国ではほとんど視認しきれないぐらい多くのおかしな生活が画面を埋め尽くしている感じ。

後半ではこの作品のテーマ性がかなりの直球で投げかけられる。ホコリの中の住人たちが一斉に外に向かってアピールするくだりがあるのだが、ここはおもわず応援したるなるような出来映え。実際劇場で声を上げていた子もいた。同じBlueSkyStudio制作の"ロボッツ"のラストをちょっと思い出した。

そういった盛り上がりをネガティブな方で支えるモンスターペアレント風のカンガルー母がいるのだが、このキャラのしつこさが若干腑に落ちないところはある。
でもそれ以外は自分としては満点あげていいのではと思う。
とにかくビジュアルが楽しいので今回はパンフレットも買いです。

残念なのは映画の外でプロモーションが非常に弱いこと。一応全国公開だけれども若干マイナーなシネコンが多い感じ。
8月まで持つんでしょうか?
早めに観に行く事をお薦めします。

p.s.原作者がこの話を作るきっかけにした日本人がいるそうですが、そこら辺のアピールがうるさい方もいるかも。でも見終わった後はそんなの吹っ飛びます。
さらにその影響か、日本アニメ風のシーンも出てくるけど、どっちかといえばカートゥーンネットワークでやってる「アニメ風カートゥーン」に見えた。


[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-07-12 21:36 | カートゥーン

密集

a0015997_21282448.jpg

某所休憩所から
カッコイイのではじめて携帯のカメラ使った。
もー日本独特の風景ですね。
[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-05-30 21:29 | 風景

 Bonkers

DeviantArtのギャラリーでフェイバリットをもらう事が最近増えてきて嬉しい限り。
ありがとうございますーってここで言ってもしょうがないんですが、そんな方たちのお気に入りをたどっているあいだに気になるキャラクターがいたので調べてみたら色々面白い物が出てきたので報告します。

トゥーン系で良さげなデザインのネコのキャラクターがいるのでちょっと検索したところ、どうやらBonkersというディズニーのテレビアニメシリーズだそうな。
そこまでならどうということはないんですが、面白いのはこれの設定というか世界観がロジャーラビットそのまんまで、トゥーンタウンとかそのまま利用されてるらしい。
人間型キャラとトゥーン型キャラが混在するのはよくあるけど、トゥーンキャラはトゥーンらしさが強調されてる。

いや、ロジャーラビットでいいじゃんと思うのですが、ウィキペディアによるとなんか色々問題があったらしい。詳細は不明。読んでない。
日本のディズニーチャンネルやトゥーンディズニーでは(少なくとも自分は)見た事が無いし、ほとんどの日本人は知らないんではないでしょうか。
で、どんなものかとYouTubeでみたところ案の定複数動画が上がってたんですが、そのなかに"Tokyo Bonkers" なる物を発見!
Bonkers - Tokyo Bonkers (Part 1)
Bonkers - Tokyo Bonkers (Part 2)
Bonkers - Tokyo Bonkers (Part 3)

ボンカーズの基本設定は、昔スターだったボンカーズが現在は干されて警官になってるというものですが、このエピソードでは
”日本ではボンカーズのアニメが大人気だったよ!”という、現状を考えると何とも切ない設定になっていました。

別な意味で面白く見ていたのですが、やたらと日本の市街地の背景がそれっぽい。
メインストーリーに関わる背景は若干変なところがあったり、やたら日本語の看板が描かれているものの、看板自体にはおかしな日本語がないどころか町の風景があまりにも典型的で普通過ぎる。もうすこし全体を直線的にすればドラえもんに出てきてもおかしくない。
もしかすると背景は日本人スタッフなのでは?そういえば90年代はディズニーの日本スタジオがあったような。だとすると説明は付けやすいけど、もしコレを日本スタジオが担当してたら、それはそれで屈辱的というか気の毒なような…。日本人キャラはアレだし…。

なんだか本編以外でいろんな事を考えさせられるアニメでした。
[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-05-23 00:05 | カートゥーン

足もと注意

a0015997_19373242.jpg

なぜか少し小さく表示されてる。
クリックすると普通の大きさになるみたい。
さらに大きい画像はこちら (1850x2467 : 24インチ以上推奨)

追記:CGTalkにスレ立て成功。3D showcase gallery
どうも投稿するときに1回でもエラーが起きるとギャラリーへの投稿メニューが消えちゃう仕様らしい。その状態で知らずにアップするとギャラリーに応募されなくなってしまう。ポートフォリオの2作ともそれで失敗した。
今回もエラー食らったけどイヤな予感がして最初からやり直したらうまく行った。
前の絵も削除して再アップするかなぁ。
[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-05-18 19:47 | 3DCG

Twitter始めてみました

こちらの影響でTwitterなるもの始めてみました
http://twitter.com/Yoshi_Hide
フォローはお気軽にどうぞ。
「フォローしたよメール」は来ない設定にしてあるのでしばらく気がつかないかもしれません。
[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-05-18 14:55

pixivではディズニー系のファンアートは不可

最近人気のイラスト共有サイトpixivですが、こちらでディズニー系のファンアートをアップすると、内容によっては削除されてしまうので注意。
自分の場合以下の2つが削除になりました。
 
同時期に他の方が描いていたミッキーのパロディ画(ストレート気味)も削除されていました。
削除の傾向としてはやっぱりクラシックでメジャーなキャラ直球なものが狙われてる対象のようで、単に「ディズニー」タグがついてるだけのものとか、まだマイナーなもの、pixar系等は対象外のようです。イカボード先生とかスルー・フット・スーの萌え画とか上げても問題なさそうな気はします。担当者の知識、認識によるのでしょう。
まぁこういうファンアートは著作権がらみで微妙な問題を含んでしまう物ではあるし、声高に主張しにくいわけですが、後述するように今回はディズニー系のみを対象にした物で、若干納得し辛いものは残ります。権利者からの要請があったかは不明。

ファンアートをアップしようと考えてる人が後々ショックを受けるという事が少しでも減ればと思います。

ちなみに上2つは現在海外のDeviantArtというところにありますのでおヒマな方はどうぞ。

以下削除報告メールなどのやりとりを晒してみようと思います。文章には気を使ったつもりですが、自分のメールの内容にもし不快感を抱かれましたらそのときはご容赦を。m(_ _)m

2012/2/3 追記:もうだいぶ古い話なので以下は削除します。見たい方はtumblr等で発掘してください。
[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-05-18 12:24 | カートゥーン

Fan Ride 製作中画像

前の記事の下に付けようと思ったんですがエントリを改めてみました。
More以降に置いてあります。

More
[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-04-20 01:12 | 3DCG

Fan Ride

3月の中頃にレギュラーのお仕事が一区切りしたので、この機会に思い切って自分のやりたいことに集中してみました。
その結果ひとまずこんなカタチになったのでご紹介します。なんて言うと大げさですが。
a0015997_2255256.jpg

 
高解像度版もあります。1600x1200
楽しんでほしい細部とスルーしてほしい細部があるのですが(汗)

思ったより時間かかってしまいました。
実は先行していくつかの海外投稿サイトにアップロードしてたりします。
こんな事を始めた事情とかその他もろもろは今後「More」以降に書いていこうかなと思います。

未熟なところ、中途半端なところ、山ほどあると思いますが、それでもみなさんの気分がほんの少しでも晴れたら幸いです。

More
[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-04-19 00:12 | 3DCG

このひとの視線が気になってたので

a0015997_20341281.jpg

先日保護いたしました。

職場近くの雑貨店で発見して以来さんざんスルーしてたんですが、やむなく。(←何が)
ヘイゲンリネカーというところのミニチュアで、"Little Brother Mouse"と言うんだそうです。
3センチに満たないボリュームなので、なんかもう一個、と思ってみたところ、
このひとのカタチがなかなかおもしろかったのでこちらも。
a0015997_20284183.jpg

[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-03-08 20:34 | ミニチュア・模型

Blu-rayひとことレビュー

特にblogでは触れてませんでしたが実は去年の11月頃、値段の下がったPS3を買っていたのでした。目的はゲームよりはBlu-rayで映画が見たいというもの。
若干たまってきたので短い感想などをまとめて。

スパイダーマン3
PS3にオマケでついてきたが、正直いらない。棚のスペースが惜しい。3体も敵がいるのにそろって魅力がないのはどうしたことか。

ダイハード
面白さはわかっていたので買ってみたけど、意外にもそれほど繰り返し観たいシーンがなかった。画質的にも思った程ではなかった。
敵の下っ端が最初にブルースウィリスを見つける時、誰もいないはずのフロアの窓ガラスに大勢の撮影スタッフが写り込んでた。あまりにも大っぴらなので一部では有名かも。

コープス・ブライド
ストーリー的にはそんなでもなかったけど質感が見たかったので購入。確かに布のケバケバまで見える。でも細かい質感は動きが止まってないと判らないですな。

ディープ・ブルー
大自然を高画質で楽しむという意味では満足。個々のエピソードはもう少しボリュームが欲しいなぁという感じ。ただ、ハイビジョンビデオで撮影した物をフィルムにして、それをまたビデオに変換してる部分があるみたいで、ジャギーの目立つシーンがいくつかあったのが残念。そういうのはそのまんまビデオ素材バージョンでもいいんではないかという気がするのは自分だけか。全体の画質の統一性が損なわれるんなら映像特典でいれてもいいぢゃないか。

スーパーマン・リターンズ
Blu-rayが初見でしかもそこそこ当たりだった。画質もすばらしい、というか絵を楽しめるシーンが多かったし、内容も他のアメコミ系映画と比べて楽天的な感じがいい。
スーパーマンの役者の目が合成かと思う程青いんだが。

スターシップ・トゥルーパーズ
グロ・バイオレンスがキツいと評判の作品です。ある意味FPS系のゲームに一番近い映画だと思うんですが、自分はそういう所よりもこの映画全体の皮肉な味わいが好き。映像的にもウジャウジャバグスなど見所が多い。やられたムシが積み重なってるシーンはSD画質で観るとワケが分からないですが、HDでもワケが分かりません。
HDで一番見たかったのは戦艦が真っ二つになるところ。階層が分かれた内部が見えて、それが全部燃えてるなど、ディテールが細か過ぎる。乗務員も2〜3人浮いてるのが見えた。
唯一残念なのがバーホーベン監督のコメンタリーが入ってないこと。DVDのスペシャル版に入っていたそうで、監督の過激な言動が一部で話題になっていたんですが、これでは価値が半減。入ってると思ってたのに。

カーズ
まぁ当面はこれ目当てにPS3を買ったようなもんです。スタジアムの風景も圧巻だし、ドライブシーンも素晴らしいです。惜しいのはシネスコサイズなので上下が黒みな事。
特典としてスタッフロールの脇に流れる映像が入ってるのですが、これはなぜかビスタサイズで画面にぴったりで、ヘタすると本編より絵的な見応えがあるかも。
面白いのがシネマナビゲーションというコンテンツで、本編映像を背景にしてコメンタリーと同時に関連する静止画がタイミングよく挿入されたり、メイキング映像にも寄り道できるという非常に手の込んだ内容。さすがBlu-rayと言えるけど、他の映画ではなかなかここまで凝ったものはコスト的に無理でしょう。何もないところから故ジョー・ランフトらと一緒に作り上げてきた事がひしひしと伝わって来る。
ちなみにレミーの方は現在保留中。

銀河ヒッチハイクガイド
レンタルで観て以来惚れ込んで買ってしまった物。お気楽でシニカルな雰囲気が気に入ってる他、映像も美しいのでたまに再生してる。イルカの失望をムダに豪華な歌にした冒頭やら、突然毛糸アニメになるなどのユーモアセンスが素晴らしい。
単に破壊力のあるギャグとは違って、作り手の皮肉と愛情をじんわり楽しむ感じで何度か再生しても飽きないのがいい。

番外編
ラチェット&クランク future
もっと評価されるべき。もろにカートゥーンなところが自分に直撃したほか、背景の作り込みが見ててホントに呆れるほど。もちろんゲーム的にも非常にバランスがいい。一定条件を満たすと設定資料風の絵を見る事ができるんだけど、キャラクターデザインがホントに素晴らしい。最強の装備にするとラチェットの表情がわからなくなるのが惜しいので最近また最弱から始めてる。

追記:書き忘れてたけどDVDのアップコンバートはやっぱりすごかった。ジャギーがほぼ消える。見えなかったディテールが見えて来る。もうMacでDVDを楽しめなくなくなってしまった。
[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-02-16 13:04 | 映画

臨海公園ーお台場間 水上バス

先日水上バスに乗ってきました。
ビデオ撮ってきたのでドガログなる物を試してみる。
片道45分ぐらいあるのを15分程に編集。

[臨海公園からお台場へ]

船の微振動を拾ってしまって、シャッタースピードと周期がずれてるせいか
映像が波立っています。こんなことってあるんですね。

[お台場から臨海公園へ]

とくにこれの13分50秒あたりの煙突+飛行船のあたりはものすごい事になってます。

追記:
ハイビジョン版アップしました
正直ハンパじゃない大きさなので注意。ゆめゆめブラウザで開こうとか思わないように。
マシンパワーとWUXGAと高速回線とヒマを持て余しているチャレンジャーのみ推奨。
右クリックでダウンロード
[臨海公園からお台場へ](887MB 8Mbps)

[お台場から臨海公園へ](675MB 6Mbps)
[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-01-05 17:27 | 風景

あけましておめでとうございます

豊洲で見た初日の出ならぬ初日の入り
a0015997_11194668.jpg

a0015997_1120685.jpg

a0015997_11254353.jpg

[PR]
# by yoshihide-ohkubo | 2008-01-02 11:27 | 風景