<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ドン・ブルース監督の近況

ドン・ブルース監督について良いニュースと悪いニュースがある。

良いニュースは、最近の彼は非常に活気づいてるらしいということ。

悪いニュースは、もう彼の新作アニメーションを期待するのはムリそうだということ。

わかってはいたけどね。

2000年のタイタンA.E.以降まったくアニメーション制作の話を聞かなくなってしまったドン・ブルース監督ですが、近況が分かったので軽く書いてみます。
近年はFront Row Theatre という小規模なミュージカルを主催してるようで、今年からは専門の小劇場を構える事になったようです。
ホームページ: Don Bluth Front Row Theatre
Facebookページ: https://www.facebook.com/DonBluthFRT

この記事に経緯が載っています。
Don Bluth Front Row Theatre is moving to Scottsdale
訳に自信が無いですが、始めは教会主催の子供たちの劇をやる際にドン・ブルースの自宅のリビングルームを提供して(たぶん演出もして)上演してみた所、これはおもしろい、もう一回やろうという事になって恒例行事になっていったそうです。
それが口コミで広がり、やがて大人の出演するミュージカルも上演するようになり、ますます評判になって行く一方、相変わらず劇場はブルース宅のリビングルームのままで7年ものあいだ続けていたそうです。
それが今年になって小規模な専門劇場を立ち上げるまでに至ったという事で、なんとも典型的な成功パターンを見てる様な気になります。
アニメーションではミュージカルはお手の物だっただけに、演出するものがフィルムから舞台に変わってもその手腕を遺憾無く発揮してるものと思われます。
こういう話を聞くと、本人たちは面白くって仕方ないんだろうなと思います。

一方で、ここまで成長まっただ中に居たら、そりゃアニメーションとか作ってるばあいじゃないよね、と日本のファンは、ほんのちょっと寂しく思うのです。
日本でいえば安彦良和氏がSFアニメをやめて歴史マンガ家になっちゃったという感覚に近いかなー。安彦氏はまだその美麗な絵が拝めるだけ良いんだけど…。

ウォルトディズニーがその方向性をアニメーションの世界から、観客が生で体験できるテーマパークに移していった事を考えると、ドン・ブルースはミニスケールのウォルトであると言えるのかも知れません。

NHKの海外ニュースかなんかでとりあげられないかな。日本のファンにとってはそこら辺が唯一残された期待か。

現在は古典のミュージカルを上演してるようですが、そのうちニムの秘密やドラゴンズ・レアなんかも舞台化したりするんでしょうかね。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2013-08-14 23:32 | カートゥーン