<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鴻池朋子展 インタートラベラー 神話と遊ぶ人


a0015997_8555435.jpg


この夏の展覧会で個人的にイチ押しな展覧会。
値段も1000円と格安で規模としては小さい方かもしれないですが個人的に非常に満足しました。
入場者は少なめでしたが是非行くべき。

モノの本によると現代絵画で具象画というのは珍しいそうですが、この鴻池朋子という方の絵はオオカミや自然、少女の脚、ナイフなどを主なモチーフとしています。
モチーフそのものは具体的でも作品自体は抽象的なもの。自然を舞台にした神話的な世界観というのまではわかったけども、自分は基本的に読み解きが大の苦手なので描かれたものを素直に面白がって来ました。

作品のいくつかがフスマに描かれているのがユニーク。また、「ミミオ」というノッペラボウの毛玉みたいなキャラクターを主人公にした、絵本のような連作とアニメーションがあるのも面白い。
そういった作品の展示室をカーテンをくぐりながら見ていくという形でした。
中でも狭い入り口をくぐって入る大部屋に展開された巨大な絵の迫力がいい感じ。
また、地球の中心と名付けられた部屋にある巨大なミラーボールのようなインスタレーションが独特の臨場感を出していてしばし見とれる。

ネットでよくイヌネコのお腹なんかの毛皮を指して「モフモフ」というけども、作品のモチーフとしてオオカミや動物が頻繁に登場するし、先のミミオというキャラクターにしても非常に「モフモフ度」の高い展覧会でした。そして最後にダメ押しで「モフモフ」だったのには驚いたw


[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2009-08-22 22:04 | アート

パラマウントがニムの秘密をリメイクか /そしてその反響

このブログでは何度か触れてきた「ニムの秘密」ですが、Varietyの記事によるとパラマウントによりリメイクされるようです。

Paramount eyes Burger for 'NIMH'

とはいっても今回はその原作にあたる、ロバート・C・オブライエンの「フリスビーおばさんとニムの家ネズミ」を元にしたリメイクとのこと。
プロデューサーは「センター・オブ・ジ・アース」のゲーリー・グラナト、監督は「幻影師アイゼンハイム」のニール・バーガーだそうです。
今回のリメイクが実写なのかフルCGなのかは不明。
今回のものが原作に近いものになるか、ドン・ブルースの脚色を意識したものになるかも不明。

う〜ん…。正直複雑な気分。いつかはこうなるだろうとは思ってましたが…。
ちなみに知らないひとのためにドン・ブルースの「ニムの秘密」はこういう感じの映画です。
昔の自分のエントリーも含めて見ていただけるとありがたい。

カートゥーン好きのタワゴト:古き良きアニメーションに飢えている人へ〜「ニムの秘密」〜

最初はCartoon Brewの記事で知ったんですが、そのコメント欄では
「ブルース版の"ニム"が素晴らしいのになんでわざわざリメイクするかなぁ」とか
「おちつけ、原作の映画化で、ブルース版のリメイクじゃないよ」とか、
「ブルース版は悪くないけど魔法じみた演出は原作からすると必要ない」(超意訳)などといった反響が多数書かれています。

そして、「ニムの秘密」を作った一人、ゲーリー・ゴールドマンはドンブルース公式サイトの "Ask us" のページの中で次のようにコメントしています。

"確かにこれは原作の大変な宣伝にはなる。けれどもこのニュース自体は残念だ。
 このページにも大量のメールや質問がとどいているし、この件に付いて多数のブログで議論が交わされているようだ。
 原作のタイトルや映画、TV化の権利はオーロラ社が持っていた。私はオーロラ社がライセンスを維持するために7年ごとに劇場で再上映する事に同意したと信じていたが、それはなされなかった。これは大スクリーンで観ていない世代の家族のために7年ごとに劇場で再上映するというもので、ここ10年程ディズニーがやっている事だ。もし報道のとおりなら、ライセンス契約は破棄されて、他社が利用できるようになったと言う事だ。
 私たちはこのリメイクが上手くいく事、その良さが維持されること、原作を改変してしまわないことを期待している。
 自分たちが送り出した映画の中で、「ニム」は未だに大好きな作品だ。たくさんの愛情と、多くの血と汗がそのフィルムに注がれた。私たちは少人数だが素晴らしいチームだった。11人のキャラクターアニメーター、5人のFXアニメーター、献身的なアシスタントとクリーンアップアーティスト、3人の背景、1人のレイアウト、激務だった45人のセル彩色係、皆シーンを持ち帰って家で彩色していた。それは私たちが願ったとおりのものになった。アニメーションの研究、実験の素晴らしい体験であったし、アニメーションの良さを取り戻すきっかけになった。"


若干怪しい(汗)
なんか無力感というか、もはや止めるすべは無いと思うのであまり期待しないでおきますが。
原作を元にしたにしても、やっぱりジェレミーは最近ありがちな、下品なドタバタキャラになっちゃうんだろうか。あのゆったりしたマヌケさがキュートだったんだが…


[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2009-08-03 00:20 | カートゥーン