<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ディズニーアート展2回目

たまたま休暇中でして、映像の展示替えとか、ゲストを招いてのファンタジア上映会とかあるようなので行ってきました。
つらつらと箇条書き
・ゲストの方については自分は良く知らないのであまりコメントできないのですが、非常にコアな質問があり、それに対してとても意外な答えが返ってきてたのが印象的でした。その辺の詳細がこちらに
・ファンタジアのソースはDVD。それは別にいいんだけど ”メインメニュー>音声>日本語>本編を再生” のところまで大スクリーンで再生。そのぐらいやっておきましょうや…
・”上映中にグズる小さい子→その親に注意する他の人”という構図は1990年のリバイバル上映のときにも見られましたなぁ。ほとんどファンタジア名物。
・やはりミキー目当ての人多数。春の祭典の前後で結構な数退場。アヴェ・マリアまで残ってた人は3分の2ぐらい?
・会場の最後の方にあるミニシアターで今回の展示に付いてのドキュメンタリーが上映されてるんですが、これの影響で2回目を見に来てます。この上映を観た後だと、特にセル画を見るときの気合いが違ってくる。以前カビだらけだったとは思えないほど、奇麗に修復されている。
・今回初めて音声ガイドを利用してみた。タレントのはなさんを起用したり、ディズニー関係者のインタビューも入ってたりで、聴き応えありました。
・前のエントリーで触れたギデオンとファウルフェローのおかげで、ピノキオのDVD再度購入。
以前のは1度しか観ないで、その後関心が薄れたのでブックオフに売っ払ってしまったのでした。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-08-29 23:47 | カートゥーン

ディズニーアート展いってきました

ディズニーの展示会でも史上かつて無いほどの内容というとおり、確かに凄い展示でした。
セル画、背景、コンセプトアートなども興味深かったけど、個人的にまさに白眉だと思ったのが
原画展示の部分。

いままでの展示会では原画を1枚額に入れてさぁどうですかという展示の仕方だったんですが、今回は同じシーンの原画を複数枚並べて、これはただの絵ではなくアニメーションなんだ、という展示の仕方をしているのがよかった。
複数の原画を比べて見ているうちに動きの曲線がみえてくる。同時にそのキャラクターの動いてる様子が頭の中で再生されてくる。1枚1枚の絵のクォリティの高さと相まって、本当にキャラクターの命が感じられるような展示でした。
なかでも凄かったのはピノキオの悪役、ギデオンとファウルフェローの原画。
ファウルフェローが突っ伏しているところにさらにギデオンが飛び乗って踏んづけるという5、6枚の展示でしたが、これを前にした時は本当にビリビリとパワーを感じる程でした。

本当に惜しいのはその展示がほんの一部に過ぎなかった事。もっともっといろんなシーンを持ってきて並べて欲しかった。あれだけ会場広いんだし(1Fの体験コーナーとかフォトロケとか要らないからw)。あと、個人的には原画展示でお腹いっぱいだったので、混雑しているフリップブックの展示(手に取って実際にパラパラアニメとして見ることができる)をパスしてしまったこと。
あとでパンフレットを買って観たところ、知らない原画が載っていたのでおそらくこれらがフリップブック状態で展示されていたんでしょう。
1000円だし2回目いってくるか。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-08-20 23:55 | カートゥーン