<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

立体チキンリトル観てみました。

これは…。
もしPIXARがこんな映画作ったら一完の終わりだ。

基本的なキャラや美術、世界観はなかなかいい感じ(ヒツジ先生がちょっと良かったかも)だし、アニメーションも水準以上だと思うけど。
脚本なのかなぁ。なにかことごとくスベっているような感じがする。前半はまだマシだけど、後半の混乱ぶりというか、終盤要らないシーンが多過ぎ…。
終盤の居心地の悪さと言うか場面のもたない感じは、なぜかイケてない邦画をおもいだすなぁ。
妖怪○戦争とか…。

予告編では父さんの困惑顔アップがいい感じですが、本編では何回出てきたんだろう。これも多過ぎ。

監督は「ラマになった王様」のマーク・ディンダルで、その前に「キャッツ・ドント・ダンス」という傑作アニメをワーナーで作ってるんですが、一体どうしたんでしょう。何か映画製作の落とし穴に落ちてしまったようです。

あ、3D方式に関してはまぁまぁ。奥行きがあったなぁというぐらい。ポーラエクスプレスほど3Dを意識した作りにはしてないかもです。あざとくなってもしょうがないので、これはこれで悪くないと思います。

ちょろっとネタバレ追記
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-12-31 18:17 | カートゥーン

立体チキンを観に行こうとしたら

バイクのバッテリーあがってましたよ。
年末でバイク屋もやってないだろうな。

前に乗ったのはビッグサイトのプラモデルショーだったか。

乗らなすぎ。

年に7日乗ってるかなぁ…

追記:結局京葉線でイクスピアリに行ってきました。ランドのカウントダウン目当ての客が並んでるのが見えた。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-12-31 12:16 | その他

知らない間にポッドキャストが妙に充実してる

なんとなしに東京都現代美術館のページをみてみたら、ポッドキャストやってるんだそうです。
ヘェと思って登録してみたついでにITMSのポッドキャストをのぞいてみたら、
Today's top 100のところがジャンルを選べるようになってる。

以前はマイナーなジャンルが埋もれがちだなーと思ってましたが、こうなってくるとかなりニッチなものも見つかりますね。
そういうニッチなものほど面白そうなんですが、こうジャンル分けされるとキリがないですねぇ。
まさに時間のウバい合い状態。
始まったばっかりな印象があったんですが、現状でこれだとするとこの先どうなっちゃうんでしょう??

面白そうなのをリストアップ
エフエム芸術道場:アーティスト村上隆のDVDレビュー

秋本きつねの蔵:ウゴウゴルーガで有名な氏の作品

ハッピーツリーフレンズ:あの凶悪カートゥーンがなんとビデオキャストで!

ビンテージ トゥーンキャスト:まだ見てないのでわからないですが、著作権の切れた昔のカートゥーンを流してるみたい。…って1番めはメリーメロディーズじゃないですか!

あっちこっちに移動するのでiTunesにもタブブラウズ機能がほしいなぁ。
いろいろなジャンルから拾ってこようとしたけどやっぱりカートゥーン寄りになってしまう自分のサガ。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-12-27 01:32 | カートゥーン

あらしのよるに 観てきました

さらっと。
なかなかよかった。ジブリ以外では久々に気合いの入った国産劇場アニメでは無いでしょうか。
間口を狭めずに正面から世間にぶつけた感じで好感です。
海外でも受け入れられるとおもいます。
ヒットしてるようですが続編でなくてもいいので良質なアニメを続けていってほしいです。

全体的にやや展開がユルい感はありますが、それでも雪の中のシーンはぐっとくる物がありました。

杉井ギサブローといえば「銀河鉄道の夜」もよかったなぁ。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-12-17 21:12 | その他アニメーション

Kappa Mikeyのアニメーターの方のサイト

アニメ!アニメ!でちょっと前にこんな記事がありましたが、

恐るべき米国の『日本アニメのパロディアニメ』
日本アニメのパロディーKappa Mikey公式サイト

この作品を担当しているアニメーターの方のブログがありました。
OVER the RAINBOW
N.Y.の方らしいですが、アチラでのお仕事ぶりが書かれていてとても興味深いです。

RSSリーダーでpixarのブログ検索を見てたところ、みつけました。何でもピクサーの方が美術館でスケッチのイベントを開いてたそうです。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-12-17 02:38 | カートゥーン

トラックバックについてのお願い

基本的にトラックバックは大歓迎ですが、トラックバックスパムを避けるため、やむを得ずリンクチェックをする事にしました。
お手数ですが、トラックバックしていただける方はこのブログへのURLを記事の中に入れていただければと思います。

トップページでもかまいませんが、記事を特定したい場合は、文末の # マークをクリックすると個別の記事ページに飛びますのでそちらのURLをご利用ください。

勝手ながら、よろしくお願いしますです。m(__)m
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-12-11 01:38 | その他

影絵アニメかと思ったら……明和電機??!!

外出中にぶらぶらしていると、突然とんでもないものに出くわすことがたまーにあります。このブログでいえばヒストリカルフィギュアに出会った時なんかもそうでした。
 今日は朝から映画にでも行きたい気分だったんですが、観るんならいつもと少し毛色の違うモノを観たいということで、ホラー映画の”ソウ2”と、影絵アニメの”ロッテ・ライニガーの世界”の2つに絞りました。どっちも異色作ですが、前者は映画館の場所がイマイチ、後者は面白いかどうか不明、というリスクがあって、最後まで悩んで電車の中でやっと後者に決定。
 恵比寿に着いて携帯でプログラムを確認したら開始時間の13:00を過ぎていたのですが、とりあえず写真美術館にいってみました。
 ところが会場前の立て札に「12月10日(土)、 11日(日)は公演中止」との張り紙が。映画は来週の金曜には終わってしまうので、事実上週末の公演は終了した事になります。軽いショック。期待してなかったとはいえ、せっかく来たのに…。ショップやチラシを見て帰るかなぁと思って中に入ると、結構人が居て開場を待っている様子。どうも何かのイベントがあるらしい。自分には関係ないモノだろうと思ってショップをうろうろしてたんですが、帰りがけにイベントの内容(これがまた小さい字で顔を寄せないとわからない)を見てみると、

「ユビキタス・サウンズ
コンピュータミュージックとマルチメディアパフォーマンスに関するシンポジウム」

とあります。どうもメディアアート系のイベントのようです。
はてな?と思い、周りの人たちは何を待ってるのか気になって、次の公演内容を見てみると、なんと。

13:30~14:30
マルチメディア
明和電機

明和電機?? あの明和電機??!!…あぁ、じゃぁ事前にチケットを買った人たちなのかなぁ、とおもったら、

入場料 : 無料

うそぉぉぉおお。
ということで、急遽予定変更?予定通り?このまま開場を待つ事にしました。
後で知ったのですが、これは「デジタルアートフェスティバル東京 2005」の関連イベントなのだそうです。
開場する頃には待つ人が100人程に増えました。結構ファンは居ると思うのですが、アナウンスがほぼ無かったせいか、知名度と入場料の事を考えるとこれでも少ない印象。
中に入ると、10人ほどの人がバタバタとセッティングしてる中に、社長ご自身が居ました。
やっぱりホントだったのか。

もっと読む
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-12-11 01:20 | アート