<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

古き良きアニメーションに飢えている人へ〜「ニムの秘密」〜

 最近流行りの3DCGアニメもいいけどちょっとノリが軽すぎるなぁとか、DVDで出てるディズニークラシックも今ひとつ物足りないし、なんかもうちょっと気合いの入った”むかし風の”アニメーションが観たい、という人がいたら、この”ニムの秘密”をお薦めします。
 ディズニーチャンネル等で放映されたりはしていたものの、ごく一部しか(例えばこのブログとか^^;)知られていない作品であったのですが、つい先日DVD化され、キャンペーンの1部として店頭に並ぶようになりました。
 3DCGの流行りでセルアニメが無くなりつつある昨今ですが、この作品もまたディズニー等の古典的なアニメーションが衰退していった80年代初頭に作られた野心的な作品でした。この作品を作ったドン・ブルース監督らがその後”アメリカ物語”などをヒットさせ、それをきっかけにセルアニメの見直しが始まり、後のリトルマーメイドから始まるディズニーアニメ復活にも影響を与えました。

 ストーリーの言い方は色々ありますが、ここは

「病気の子ネズミを救おうとする母ネズミの大冒険」

としておきましょう。単純にそれを期待していただければまず間違いなく楽しめます。
 劇中では端々で、このちょっと頼りない母ネズミ=ブリズビー夫人が不安と恐怖におののきながらも危険に立ち向かって行く様子が描かれ、途中にほとんどホラー映画の様な展開を挟みつつ、最後の最後までハラハラさせられます。こういった「怖さ」を取り入れているのも、子供向けとされる米国アニメーションでは非常に稀なケースといえます。
 そのようにシリアスな本筋がある一方でドジなカラスや世話好きのおばさんネズミ、やんちゃな子ネズミ達などの笑いや心温まるシーンもふんだんに盛り込まれています。
 この作品ではそういったキャラクター達が本当に魅力的に描かれていて、その魅力が映画の原動力になっているといっても過言ではないでしょう。

 古典アニメの回帰を目指した作品だけにビジュアルのクォリティは今観ても群を抜いています。指輪物語やダーク・クリスタルを彷彿とさせる背景美術や、火花や不思議な光などのエフェクトもさることながら、アニメーション技術に至ってはキャラクターの毛などの手触りが伝わってきそうな程の表現力を持っています(不幸な事に唯一パッケージイラストがヒドい出来ではあるのですが、店頭で裏返してもらえば劇中のスチルを見ることができます。まっったく違います)。

 あと一つ、もしこれから観ようとする方がいたらお願いしたいのは、是非吹き替えで観ていただきたいという事です。原音ではささやくような声になってる部分があるのに対して、吹き替えでは劇中の重厚な雰囲気にあった抑揚のついたしゃべり方をしてるため、キャラクターの魅力がさらに増している様に思われます。また字幕がないほうが画面の隅々まで堪能できるのでお勧めです。

…っと今回はいつもと違って一見さん向きに書いてみました。ブログの文脈からするとヘンかもですが。
そして以下ネタバレモードへ

More
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-11-21 00:18 | カートゥーン

唐突に”ニムの秘密”発売

全く不意をつかれたような感じで、”ニムの秘密”DVDが発売されていました。
これは20世紀FOXの2枚で1990円第5弾キャンペーン(10/28〜)の中の1枚として非常に入手しやすい形で店頭に並んでいるようです。
ただ、残念なことに例のフニャけたイラストのパッケージになっているのと、スクイーズでなく4:3です。
端、切れてます。
あまりに唐突なのと、こういう形でのDVD発売に複雑な気持ちを感じながら、それでも一応買っておきました。
いまのところあまり観る気がおこらないので、気分が盛り上がるまで保管。
(そういえばアラジンはまだ封開けてなかったなぁ)

自分にとっては不本意ですが、一般の目に触れやすい感じでの発売は良かったのでは。
知らない人はこの機会に是非観てほしいものです。

なんでもヨーロッパのPAL版はスクイーズ収録らしいというのをどこかで読んだ気がする。
やっぱりそっちも買うべきかなぁ。

追記:観た〜〜〜〜〜。     えがった〜〜〜〜〜〜。
現在感想のメモ中。でも来週から忙しくなってしまうので、11月中には時間を作ってアップしたいところ…。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-11-04 18:50 | カートゥーン