<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

下町エイリアン パピピピプピ

宣伝
先日からヤフーのサイトで配信されているイワタナオミ原作のオリジナル3DCGアニメです。
下町エイリアン パピピピプピ
検索部分のすぐそばに宣伝が書いてあるので気がついた方も多いと思います。

アニメーション担当しました。でもエフェクトとかも結構やりました。あと、タイトルのアニメも自分です。
担当分で現在観れるのは1話だけですね。あとはDVDのみ収録の13話で、モーション付け&エフェクトをやってます。
DVDでは細かいアラが色々直してあったりもします。なにより全然画質が良い(ハズ)ので、よろしかったらDVD買っていただけるとありがたいッス。

Winだけかと思って期待してなかったのですが、Macでも普通に観れてビックリしました。
自分ではもはや面白いのかどうかよくわからないんですが、1話2分と気軽に楽しめるので、ちょっとしたブレイクにどうぞ。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-10-29 02:29 | 3DCG

スチュアート・リトル3 Very Negative Review

3DTotal.comより
スチュアート・リトル3のおもいっきりネガティブなレビューだそうです
Moviehole : Stuart Little 3 : Call of the Wild

"As a fan of those first two films, I’m really disappointed with this third chapter. It’s cheap, it’s uninteresting, and most of all, it completely eliminates the older viewers that were suckered into the first two chapters."

ていうかこの絵… い、一体どうしたんだスチュアート!(爆死)

a0015997_1393743.jpg


ちなみに前作はこちら

[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-10-26 01:51 | カートゥーン

ちょっと実験

このあいだ別件で唐突に購入したラピュタのサントラ。
iTunesで流しながらふと思いついてピラネージのデータベースにいってみる。


「合唱 君をのせて」とピラネージの銅版画。

やべぇ。ハマりすぎて笑えるww
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-10-18 23:21 | 音楽

「ピラネージのまなざし」展と東京大学の画像データベース

カートゥーン以外でも最近非常にニッチなネタがサブテーマとなりつつあるこのブログですが、今日はピラネージについて。
多分ピラネージと言ってわかるのはよほどの人かと思います。自分が知ったのはこれまたマイナーな季刊幻想文学という文芸誌のなかででした。
ピラネージは18世紀の版画家で、ローマの建築や遺跡の研究を版画にして発表してた人なんですが、そのローマ建築や遺跡の絵が、とにかくスゴい。
昨今廃墟ブームとかいって廃工場跡やら軍艦島やらの写真集などがでたりしてますが、ピラネージの絵はまさにそれ。
濃厚な影を作る壮絶なディテールの巨大建築と、その足下にぽつんといる人や動物、というのがピラネージの絵の典型といえます。

で、その一部が現在(10/8 ~ 12/11)上野の国立西洋美術館で公開されています。
といっても公式ページのお知らせにも情報らしい情報が書いてない(10/8現在)。かろうじて展示カレンダーの中に「ピラネージのまなざし」というのが見えるだけ。
自分は9月に別の展覧会に行ったとき、今後の予定として偶然知ったのがきっかけなんですが。
じつは常設展の一部として公開されているのでした。

わざわざ足を運ぶのにやや不安を感じつつも、生で原画が観れるチャンスなのでいってきました。

もっと読む
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-10-09 00:08 | アート

奇妙な映画「ハックル」が劇場公開へ

かなり前にこのブログで紹介した映画「ハックル」が劇場公開されることになりました。

しゃっくりで描く村の秘密 映画「ハックル」 asahi.com

埋もれたままにするにはあまりにもユニークな映画だったので、遠からず何らかの動きがあるんではと思っていましたが、ようやっと日本での一般公開にこぎ着けたようです。
渋谷のシアター・イメージフォーラムでの公開だそうです。

このブログで書いた記事はこちら奇妙な映画「ハックル」
ややバレがありますが、内容と語り口にあまりにもギャップがあるので観てるうちにこんな記事なんか忘れてしまうんではと思います。なので、読んでいただいても問題ないと思います。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-10-06 22:34 | 映画

サンリオアニメ DVD値下げ

ハローキティで有名なサンリオはむかし映画を作ってました。自分も親につれられて何本か見に行ったおぼえがあります。
で、今回サンリオがその映画資産を手頃な価格で提供するそうです。
-----------------------------------------------------------------
アニメ!アニメ! news: サンリオアニメ DVDの定価1/3に引き下げ
サンリオはこれまでこうした長編作品を4935円(税込)で売ってきた。今回これらの作品のうち、代表作ともいえる『シリウスの伝説』、『妖精フローレンス』、『ユニコ』、『ユニコ 魔法の島へ』、『くるみ割り人形』、『キタキツネ物語』の6作品の定価を一気に1575円に引き下げる。発売日は10月17日を予定している。
-----------------------------------------------------------------
自分的に直撃を受けそうなのは『くるみ割り人形』ですね。ナイトメア・ビフォア・クリスマスばりの人形アニメです。実際現行のDVDを見つけて買うかどうか迷ったことがあるので、この値段なら間違いなく買いだと思います。
たしかゲスト声優として黒柳徹子とか大橋巨泉とかいろんな人が関わってたと思った。

『親子ネズミの不思議な旅』やら『チリンの鈴』というのもありましたがこちらもDVDにしてほしいものです。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-10-04 23:51 | その他アニメーション

NOTHING観てみたけれど…

CUBEの監督なのでとりあえず観てみたんですが、
感想としてはまぁまぁだけどもう一歩展開が欲しかったなぁというくらいで勘弁。

どうしても気になるという方で、さらに渋谷シネセゾンに行くつもりの方は、人物、動物以外の適当な”モノ”の写真を撮ってもって行くと1000円になるので是非活用しましょう。ソンした気分にならないためにも…。
何でも「世界が消えてしまった時に残しておきたい物の写真」で、劇場の待合室で展示するんだそうですが、ジョークで構わないはずなのでなんでもいいから持っていくべきでしょう。
a0015997_22331351.jpg
自分はこのブログのネタ的に
←こんなのがいいかなと思って持っていったんですが、今日は映画の日で1000円だったのでとくに活躍せずそのままお持ち帰り。
(これは公開当時のプログラムね。覚えてないけど一応自分が最初に見に行ったディズニー映画らしい)

同時上映のライアンは、短編にしては見応えがあったかな。主人公だけでなくその他大勢も変な形しているので、機会があればもっとビジュアルをよく観てみたい。
音声は実際のライアン氏への取材音声なんだそうな。
雑誌等にある監督のインタビュー記事の中でアライアス社とかって出てくるのは多分CGソフトMAYAのエイリアス社のことでしょう。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-10-01 23:16 | 映画