<   2004年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ジェナー 〜ニムの秘密から〜

a0015997_21523059.jpg

3つ目の絵はまたもや「ニムの秘密」から、ジェナーです。
物語の中盤から登場して強烈な印象を残す、自分の中ではビジュアルから立ち居振る舞いから無茶苦茶カッコイイ究極の悪役キャラです。
この「ニムの秘密」という映画は一応原作があるのですが、独自の脚色としてトールキンの「ホビット」や「指輪物語」のような味付けを加えているところが魅力といえます。
それがやや暴走してしまっているせいか、後から考えると一部設定にムリがあるところもあるんですが、力技でエンディングまでもっていってしまうような映画です。

この絵はクライマックスの剣術シーンをイメージしてます。
いやぁ、だいぶ時間かかりました。構図決まんねーわ、形とれねーわ…。なんとかひねり出しましたが正直無謀だったか?と思うことしばし。
映画本編では何十倍も凄い絵が登場フレーム数分あるわけで…。
ちょっと太めになってしまいましたがホントはもっとシャープなかっこよさがあります。
液晶タブレットのcintiqをタテにして描いてみたらすごい快適だった。2年前のものだけど買っといてよかった。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-11-23 22:56 | カートゥーン

ドナルドダック家系図

Don Rosa's Duck Family Tree - US version
某掲示板のディズニーチャンネルスレであがってました。それからしても3週間前のレスなんで反応遅いですが、そのスジではけっこう有名なんでしょうか。
ほんとスゴイ。ドナルドの両親なんて初めて見たよ。
ヒューイ、デューイ、ルーイの父親の顔が見えないのが笑える。
たしかガス・グースってのは短編に出てた気がするけどすごい遠い親戚だ
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-11-19 09:38 | カートゥーン

いいわけ

イラストの更新さっそく撃沈。OT|_
某キャラを計画していろいろやってみたんだが、全然キマらない。
好きなキャラだけにこだわってるんだが…来週こそは…
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-11-14 23:56 | その他

3Dミッキー


一応観たのでサラッと。
やっぱり最初は違和感バリバリ。第一話の内容がホントにどうでもいい内容だったのでよけいに辛かった。
デイジーがミニーと張り合うってのは話が見え過ぎでしょう。全然説得力がなかったので、きれいには作ってあるんだけどなんにも入ってこなかった。
これはヤバいかなと思ったが、2話目に入ってやっと落ち着いて観れた。ダック3兄弟が北極に行く話だが、まぁまぁの内容。ほんとに最初の1分程度ですっと入っていけた。
最後の話もそうだけど、サンタのアジトが簡単に見つかり過ぎなんだが…
あとはマックスの話が今イチなところぐらいで、まずまずの内容ではないでしょうか。
最後の話のトナカイのキャラがいい味。プルートも意外に良かった。
こういう3Dミッキーは、まぁ年に1度ぐらいだったらあってもいいかもですが、今後のシリーズを全部これで行くのはさすがにどうかと…。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-11-14 23:49 | カートゥーン

ファイベル・マウスコヴィッツ 〜アメリカ物語より〜

a0015997_21302866.jpg

1番目がニムの秘密だったので、2番目と言えばやっぱり「アメリカ物語」でしょう。
いまでは完ーーー全に忘れ去られた作品になってしまっています。
ドン・ブルースがスピルバーグと組んで80年代中頃大ヒットさせたアニメです。
主題歌の"Somewhere Out There"はかろうじて生き残ったか、今でもごくたまに聞こえてきます。
なんとかDVDにならんのかと思うのですが、今時分このタイトルで出すと印象悪いせいかw?

絵は、これまた何も考えないで始めてしまい、耳を開いた状態で描いたので、ファイベルのトレードマークである青い帽子が出せませんでした。なので帽子をもらう前の、冒頭の家の中というつもりで背景を(テキトーに)描きました。
Mrs.ブリズビーの線が太かったので、今回は大きめに描いたものを半分程度に縮小してます。小さくすると線のビビリが目立たなくていいね…
左右反転するとユガんでるのはないしょ…OTZ
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-11-07 21:52 | カートゥーン

Mrs.ブリズビー  〜ニムの秘密より〜

a0015997_19513410.jpg今まで文章で知られざるカートゥーンの世界を紹介して(いや、書き散らして)きましたが、
リハビリもかねてこれからは絵でもアピールしていこうかなぁと思い立ちました。
1番目は「ニムの秘密」から、主人公のMrs.ブリズビーです。ダラダラやってたので今日1日使ってしまいました。
背景はテキトーですが、何となく雰囲気が出たらいいなと思いました。
なんでも最初は「フリスビー」だったのが、商標に引っかかるとのことで音声処理で「ブリズビー」に差し替えたという話が、ドン・ブルースの雑誌ToonTalkに書かれていました。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-11-03 20:09 | カートゥーン

リトルフット観た

すでにけっこう前に見たんですがなかなか書く時間が無かったので。
心配した画面サイズですが…やっぱり4:3でした。OTZ
LDと見比べてみたらぴったしおんなじ。
これはどうも米版も同じ仕様のようです。
画質はディズニー物DVDにくらべるとだいぶ荒いかんじ。
英語音声は入ってますが、字幕は英語も含めて入ってないようです。
ラストに流れる"If we hold on together"にも字幕が入ってないので、この盤から見始めた人には歌詞の内容は分かりにくくなってます。意外と本編を意識した部分が入っているので、ここの字幕だけは欲しかった。とりあえずLD版を取っておく意味はありそうです。
吹き替え陣は後のシリーズにあわせたのか、一新されてます。前は子役が吹き替えてましたね。確かピートリーはそのまま三ツ矢雄二だったような。
本編の中ではリトルフットのことはブロントサウルスと呼んでいましたが、今はこの名前は使わないで、アパトサウルスというらしいです。
ドン・ブルース物がDVDになるのは相当久しぶりですね。自分としては是非「アメリカ物語」と「ニムの秘密」を16:9で観たい物です。ニムは絶望的かもしれんがファイベルの方は多少希望が持てるかな?
御大の方も新作が途絶えて久しいです。タイタンA.E.の失敗×2Dアニメ衰退のダブルパンチで相当厳しいのかもしれない。キネ旬によると1937年生まれだそうで、世代的には宮崎駿(41')、高畑勲(35')なんかとほぼ同じと言っていいでしょう。引退するまでにせめて一本ガツンと作ってほしいものです。HPの近況によると、なんかストーリーボードについての本を出すみたいです。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-11-01 09:34 | カートゥーン