カテゴリ:3DCG( 34 )

Swing Highが360°動画サイトLittlstarで(やっと)1000ビュー達成!

a0015997_0325312.jpg


360°短編アニメ Swing High はYouTubeをはじめいくつかの動画サイトに投稿していたのですが、2016年7月25日現在Littlstarという360°VR動画専門サイトで1000ビューを超えていたことがわかりました。
a0015997_0281269.jpg


当初はあまり期待していなかったので動画の投稿は時間的に一番最後で、さらに自分からもtwitterなどでの誘導はあまりしていませんでした。ところが意外にも順調に視聴数が伸びて、YouTubeに投稿したものよりも頻繁に見られており、特にアメリカでの視聴が多いようでした。
a0015997_0275637.jpg

a0015997_028898.jpg


もともとカートゥーンを意識した作品でもあり、アメリカの方に見てもらえているというのは感慨深いものです。
ただ、やはりLittlstarのサイト自体も、新規の動画が発見されやすい設計になってるんではないかと思います。ブラウザ上での話ですが、1ヶ月ほど前まではトップページのLatest videosの一番端っこにSwing Highを見つけることができました。AppleTV版は見たことないですがもしかするとそちらでも見れたのかもしれません。
他の動画サイトはどうかというと、
ハコスコ : 123ビュー
Vrideo : 105ビュー
特にVrideoはiOSアプリの出来が良かったので最初は注目していたのですが、最近は関連動画に表示されるものが毎回同じ動画になってしまっていて、新しい動画を発見することがほぼ不可能になってきています。これでは制作者が投稿する気もなくなるし、見る人は飽きるしでかなりひどいことになっています。

YouTubeですが、自分としては伸び悩んでいる印象だったのですが先ほど見たところ
820ビュー
でした。後もう少しでしょうか。
YouTubeは普通の動画もごっちゃになっているのでゴーグルをつけていざ360°動画をたくさん楽しもうとしても、最初の1本以外は平面動画だったという感じの残念なユーザー体験になっていますね。
投稿してもやはり埋もれてしまいます。
なので、もし360°動画を作りたいと思ってる人はアニメーションに限らず実写でも、 Littlstarへの投稿を考えてみるのがいいんじゃないでしょうか。
あと動画のアイコンに使うポスターフレームは絶対作った方がいいでしょう。

P.S.ちなみにSwing High本編の右側に見える階段の注意書きの中に1枚だけ日本語の看板があるので探してみてね。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2016-07-26 10:20 | 3DCG

360°短編アニメーション"Swing High" 制作ノート 1

完成してから時間がたってしまっていますが、以前から作り続けていた360°短編アニメーション "Swing High"をYouTube等で公開しました。


Twitterで少しずつ制作時の状況をつぶやいているので、ここではそれをまとめていきたいと思います。

●この作品を制作し始めたのは2013年2月頃。360°動画はぼちぼちあったけど、まだCardBoardとかOculusとかはなかった。個人的にCGで少しずつ実験していたのを本格的に始めたくなった。

●Lightwaveを使うとパノラマレンダリングができる。連番で出せばアニメーションができる。当時はflashスクリプトで360°動画のビューワーを公開していた方がいたので、ローカルで実験はできた。

●話が若干前に戻るけど、2012年ごろiPad/iPhone向けに360°動画を集めたアプリがいくつかあって、その中の動画を自分の実験動画と差し替えてみたらうまくいった。これは何かやらないといかんと思った

●実はこのあとiOSのプログラムを勉強して3Dオブジェクトの球の内側に
動画を表示させるぐらいまでいったんだけど、動画制作が長引く間に仕様が変わって動かなくなった。プログラムをやりたいわけじゃないのでそれはそこで終了

●360°アニメのアイディアは最初は全く別な物だったけど、考えているうちにどうしても後半まで自分の興味が続かなくなってしまったので一旦没に。いろいろ考え直した結果シンプルなシチュエーションにしたらどうかと思った

●何がきっかけか覚えてないけど、「ニュートンのゆりかご」という、ボールが4個ぐらいカチカチと動く科学おもちゃのモーションが気になって、それが遊園地のフライングカーペットと重なって、こいつを人力で漕げたら面白いと思った

時間軸を整理すると2012年頃から本腰を入れ始めて、現在のアイディアでスタートしたのが2013年初め頃という感じです。
(続く)
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2016-06-03 00:50 | 3DCG

短編アニメを制作中

a0015997_22404019.png
前にチラッと書きましたが、ひそかに短編アニメを制作中です。尺としてはかなり短いものですが、まだまだ相当な作業量があります。本業もやりつつ(ときどき遊びつつ…)の作業なので今年完成できるかどうかも怪しい所です。一応オチまでVコンテは出来ているのですが。

ちょっとだけアニメーションが出来たのでプレビューをアップして見ました。



予定ではこの次の10秒くらいで結構気持ちのいい(人によって気持ち悪い)事になって行きます。
普通の動画形式ではないのでYouTube等では鑑賞出来ないものになります。
最終的にはそれなりの完成度が欲しいとは思っていますが、悩みどころはBGMや効果音ですね…。どなたか依頼できる方がいればいいのですが…。


[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2014-05-25 23:23 | 3DCG

360°パノラマ ペインティング


modoをつかってこんな事を試してみました。

上下左右360°すべてがキャンバスになるパノラマペインティング
ようするに「手描き」のパノラマ画像が作れるよということです。

真上や真下に塗り進めて行く感覚はヒジョーに不思議なものがあります。
3Dペイント機能のあるBlenderや職場のCinema4Dでも試してみましたが意外に操作性が悪かったり、そもそも球にUV座標が入っておらず手作業で作らないといけなかったりしたのでmodoがいちばんやりやすいようです。

アイデア自体は数年前に思いついたのですが最近Oculus Riftなど360°VRの話題が多くなってきたのでちょっと提案の形でアップしてみました。

[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2014-02-09 18:28 | 3DCG

Lightwaveでノーマルマップの継ぎ目ができる時はガンマをチェック

3D-coatなどでつくったノーマルマップをLightwaveで張り付けると継ぎ目がでる現象がおきて悩んでましたが、
ノーマルテクスチャのガンマを2.2にすると継ぎ目がきれいに消えました!
a0015997_12581993.png
モデルは標準コンテンツのサメちゃんです

[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2014-02-02 13:01 | 3DCG

William VaughanのLightwave9.3.1チュートリアル

久々の更新です。

数年前William Vaughanという方がNewTekのフォーラムでLightwave9.3.1のフリーのチュートリアルを公開しました。
初出の記事はこちら
Hours of Free LightWave Training (24 Hours+)
a0015997_2153332.png


で、こんな感じのインターフェイスのリストもあるんですが
ftp://ftp.newtek.com/multimedia/movies/w3dw/WV_LightwaveTraining.html
a0015997_2182363.png


検索したらなぜかイタリアのサイトにサムネイル付きの非常に見やすいチュートリアルリストがありました。
Videotutorial by Proton | LW9.3.1

a0015997_2111109.png

サムネイルがあるおかげで自分も見た事が無いムービーも大量にあることがわかりました。
中級者以上向けなので非常に興味深いです。現在のLightwave10 (11も?)でもシステム的にはほとんど変わってないと思うので充分使える内容です。
ときどき空いた口が塞がらないような方法で解決してたりするので必見です。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2012-04-30 21:18 | 3DCG

どいてください…

a0015997_1113087.jpg

クリックで拡大(1000x1080)

とある事情で結構まとまった時間が出来たのでこの機会になんか作ってみようという事でやってみました。
作ったのはほぼネコだけなんですが、それだけではつまらないので、modoについてくるサンプルデータを利用してネットでよくありがちな風景にしてみました。
実際ネコを部屋で飼った事ないのでこういう状況はなかったんですが、慣れてるネコの図々しさはよくわかってますw だいぶ長いことネコ触ってないなぁ。

今回初めて3D-Coatなるソフトを使ってみました。ポリゴンとかを一切気にしないでオブジェクトを削ったり盛り上げたりできるソフトです。面白くてコネコネ意味なくいろんなものを作ってしまいそうになるのですが、やっぱり自分がマッチョオヤジとかクリーチャーとか作っても続かないと思うのでこうなりました。
最初はmodoで仕上げようとしてたんですがfur機能が重すぎて断念し、blenderに切り替えました。
ここら辺のトライアンドエラーで思った以上に時間かかった。なんか3D-Coat,modo,blenderと3本一遍に勉強したような感じでした。
制作中の画像とかはMore以下に置いてます。

More
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2010-03-29 12:05 | 3DCG

Mr.Frog

a0015997_1044798.jpg

画像クリックで拡大(1200x750)
すでにcgとかdeviantでは公開してますが、ちょっと前に作ったキャラです。
スケッチブックから古いキャラクターを引っ張りだしてmodoでつくりました。
modoのチュートリアルビデオ Cartoon Kidの作り方がだいぶ参考になりました。
ちょうど年末セールの頃でビデオが非常に安くなってた。
Cartoon Kidの顔はちょっとコワいけど内容は興味深いのでオススメ。

あと初めてサブサーフェス・スキャッタリングを使ってヌメッとした感じにしてみました。
キモカワユくなったかと:-)

a0015997_10194593.jpg

こちらは全身像。クリックで大きくなります(1200x900)
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2010-03-29 10:28 | 3DCG

Blender リグのテスト&画面動画キャプチャのテスト

blenderで作られたオープンソースムービー、Big Buck BunnyのDVDには制作に使ったblenderのシーンデータが全て入っています。
ここ最近は、どうやってあの表情を出してるのかキャラクターのシーンデータを解析したりしてました。
特に主人公の「ウサたん」が秀逸なんですが、そのフェイシャルのリグが何をどうしてるかが半分位わかってきたので、単純なオブジェクトに似た感じのリグを仕込んでみました。
おもにクチビルや目蓋の表情に使われてるセットアップです。
動画キャプチャのテストもかねて貼ってみる。


画面ではhideしてますがオブジェクトのど真ん中に大きなボーンがまず一個入ってます。頭蓋骨みたいなもの。
また、穴のふちに沿って8角形状にボーンが組んであります。クチビル用のボーンです。
画面に見えている青い四角はコントロール用のボーンをボックス表示にしてます。変形には直接関係ありません。
先ほどの8角形ボーンはそれぞれ青い四角にStretch toコンストレインで関連づけています。
最初のボーンだけCopy Locationコンストレインで青い四角の位置を拾っています。
8角形ボーンはそれぞれの親のボーンの角度に影響受けないようにHinge設定にしてます。

ちなみにキャプチャに使用したのはDesktopToMovieです。

先ほど書いたBig Buck BunnyのシーンデータはDVDを買わなくても以下のページでダウンロードする事もできます。自分は全部欲しかったのと、プロジェクト支援のためにDVD注文しました。できればDVD買ってあげて〜><
http://graphicall.org/bbb/index.php
「ウサたん」のシーンデータはcharsフォルダのrabbit.blendです。
blenderの基本知識は必須ですが、正直必見です。
シーンデータのなかにラベル付けされたいくつかの"アクション"があって、Mayaのドリブンキーのようにして使われてるんですが、その中に混じって1シーン分のアニメーションが入ってます。肉のタルミも含めた細かい演技がすばらしいです。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2009-06-05 01:44 | 3DCG

Blender 機能別リリースノートまとめ

Blenderをたまにいじったりしていますが日本語のヘルプに当たるJBDPの内容が現状で2、3年前の内容で止まっているようです。
一方でBlender.jpのリリースノートは最新の内容が非常に詳しく説明されていますが、何がどこにあるのかが一見して分かりにくかったりします。
そこで自分が勝手にリリースノートの各ページを機能別にわけてリンク集を作ってしまいました。

Blender 機能別リリースノートまとめ

自分でまとめてる最中も知らない機能がたくさん出てきて関心しながらまとめてました。
管理人のyamyamさんやこのページに関わる方々の行動力には本当に感服します。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2009-05-17 13:34 | 3DCG