カテゴリ:その他( 22 )

明治期のベストセラー児童文学 「こがね丸」

先週のらくろ館に行ってからというもの、明治、大正など近代の子供文化を調べるのに夢中になっております。今回のテーマも検索中に偶然知ったものです。きっかけはこちらの記事

巌谷小波という作家が明治二十年代に少年向けに書いた「こがね丸」というもので、当時大ヒットを記録したんだそうです。それまで日本には児童向けに書かれたオリジナルのフィクションというのは存在せず、この作品が日本における最初の児童文学であるといわれています。
内容は両親を金眸という虎に殺された犬のこがね丸が、仇を討つため旅に出るというもの。
この作品の背景や作者については以下のページで非常に詳しく書かれています。

『こがね丸』とその周辺

これを見て俄然内容に興味を持ったわけですが、こういうときに心底ありがたいのが青空文庫。こがね丸もバッチリ入ってました。

巌谷小波 こがね丸

画面をそのまま読んで行くのは辛いところですが、意を決してプリントアウトしてじっくり読む事にしました。そのまま印刷すると結構な枚数になりますが、macのテキストエディットにコピペして印刷してみたらちーさい字ですが6枚に収めることができました。
最初は明治の作品なので読みにくいんじゃないかとか、ほんとに面白いのか疑問だったのですが、ボリュームもちょうどいいせいか実際はあっという間に読んでしまいました。さすがはベストセラーです。
文章は旧仮名遣いの古めかしい文語調で、青空文庫版ではふりがながカッコ付きで書かれたりしてるので最初はちょっと戸惑いますが、慣れるとふりがなのお陰で苦もなく読み進められ、さらにその古めかしい七五調の文章が美しく、もういわゆるロマンを掻き立てるような素晴らしい効果を発揮していました。
いくらそう書いても伝わらないと思うので、冒頭で非常にドラマを感じた部分を引用してみます。

荘官の家に飼われている月丸と花瀬という夫婦の犬のうち、月丸が虎の金眸によって花瀬の目の前で殺される。その後の花瀬の様子と主人公が生まれるまでの描写。
済まぬは花瀬が胸の中(うち)、その日よりして物狂はしく。旦暮(あけくれ)小屋にのみ入りて、与ふる食物(かて)も果敢々々敷(はかばかしく)は喰(くら)はず。怪しき声して啼(なき)狂ひ、門(かど)を守ることだにせざれば、物の用にも立(たた)ぬなれど、主人は事の由来(おこり)を知れば、不憫さいとど増さりつつ、心を籠めて介抱なせど。花瀬は次第に窶(やつ)るるのみにて、今は肉落ち骨秀(ひい)で、鼻頭(はなかしら)全く乾(かわ)きて、この世の犬とも思はれず、頼み少なき身となりけり。かかる折から月満ちけん、俄(にわ)かに産の気萌(きざ)しつつ、苦痛の中に産み落せしは、いとも麗はしき茶色毛の、雄犬ただ一匹なるが。背のあたりに金色の毛混りて、妙(たえ)なる光を放つにぞ、名をばそのまま黄金丸(こがねまる)と呼びぬ。

もうね。完全にこれでやられました。なんともいえない日本語の美しさ。

主人公はその後成長して武者修行の旅に出て、やがて白犬の鷲郎という仲間を得るんですが、その仲間になるまでの展開がちょっと往年のジャンプ漫画を連想させる感じで、ルーツはここだったのかと勝手に思い込んだりしてしまいます。
こがね丸は鷲郎と一緒に暮らす事で食うのに困らなくなるんですが、腐女子な人はこういうの好きそうだなぁと思ったり。
その後もキャラクターがいろいろ出て来て、なかには有名な昔話と意外な繋がりを持たせていて非常に面白い。
また、あるとき雌鼠の阿駒ってのを助けるんですが、この阿駒の恩返しの仕方といったら(;_;)(;_;)(;_;)

これを知るきっかけになったブログでも指摘されてましたが、東映アニメの「わんわん忠臣蔵」のストーリーがこがね丸とそっくりだそうです。自分は見た事が無いのですがWikipediaの項目を見るとたしかに前半のあらすじがそのままですね。

それでも明治の大ヒット作がどうして現在は埋もれた状態にあるのかが非常に不思議でなりません。もしこの記事を見て興味を持たれましたら是非一読をお勧めします。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2010-05-16 23:10 | その他

文化系トークラジオLifeにメールしてみたよ

TBSラジオで放送され、ポッドキャストでも配信されている文化系トークラジオ Life
自分はポッドキャストで毎回楽しみに聴いてるんですが、
今回のテーマが自分が絡めそうな内容だったので初メールしてみました。

テーマは「未知との遭遇」。未知の分野との出会いや、知らない分野に踏み出せる/いや踏み出す必要ないといった感じの話題とのことで、マイナー分野が専門の自分にはピッタリな内容だと思います。

多数のメールのなかで読まれないかと思うのでここでメール内容公開してみる。
------------------------------------------------------------------------

charlieさん 佐々木さん サブパーソナリティーの皆さん スタッフの皆さんこんばんわ

ペンネーム Yoshi-Hideと申します

いつもはポッドキャストで聴く一方だったのですが今回のテーマで初めてメールお送りしたいと思いました。

自分の人生で最大かつ、現在も引きずっている「未知との遭遇」は米国のアニメーション、
おもに「カートゥーン」と呼ばれるジャンルとの出会いです。

自分が高校を卒業するあたりの80年代末ごろは、少年ジャンプが絶頂期にあり、ゲーム機が16Bitの戦国時代に入ろうとしていたり、X68000やFM-TOWNS等グラフィックの強力なパソコンが現れるなど、オタク文化前夜といった感じの時期でした。
自分はそういったゲーム、マンガ、アニメを楽しみつつも、似たような絵柄、似たような仕掛けのストーリーに何かを忘れているような浮ついたものを感じていました。
そんなとき、ディズニーやワーナーを始めとするアニメキャラクターたちの「舞台裏」を描いたロバート・ゼメキス監督の映画「ロジャーラビット」と、テレビ東京で放送されていた「バグス・バニー」にほぼ同時に出会い、その面白さ、歴史の長さ、奥の深さにドップリとハマって行きました。
 このジャンルで世界中の人間が誰でも知っているのはまさにディズニーなわけですが、一方でディズニーアニメが具体的にどんなものなのか、それまでの自分は全く関心を持とうとしなかったことに気付いてビデオをレンタルしまくりました。
ディズニーアニメは今でこそ「美女と野獣」やPixar等の名作に恵まれてメジャーな存在ではありますが、80年代はパッとしたアニメ作品がほぼ皆無で非常に影の薄い存在でした。
実際に長編、短編いろいろ観てみると単に子供向けだと思っていたアニメが日本のマンガやアニメよりもはるかに成熟した目線から作られていることを思い知らされました。
 さらに大きいのが「ディズニー以外」のカートゥーン作品との出会いです。トム&ジェリーやバグス・バニーは有名な方ですが、その他にも短編、長編問わず面白い作品がディズニーの陰に隠れてたくさん存在する事を知りました。
ディズニーアニメは90年代に絶頂期を迎えるわけですが、ディズニーが長編アニメに本腰を入れる背景には、80年代にドン・ブルースという監督が制作しヒットさせた長編アニメの作品群がありました。
 自分はこのドン・ブルース監督の「ニムの秘密」「アメリカ物語」「リトルフット」といったアニメーションに大変な影響をうけ、当時2年ほど通った情報処理系の学校からさらにCGデザインの学校へ進み、現在はCG制作の職に就いて十数年になります。
「カートゥーン」に出会っていなかったら今の自分はなかったと思います。

余談ですがディズニー以外のカートゥーンはあまり日の当たらない存在だけに違う意味でもビックリさせられます。
映画公開初日に行ったのに劇場で一人だったりとか、
名作の続編がスタッフの変更で似ても似つかないヒドい絵柄と内容に変わってたり、
映画の劇中に流れる挿入歌が日本人アイドルの歌に差し替えられていたり、
3作目を観てみたら、2作目の話は主人公の夢だったという設定になってたり

といったように未だに不遇な面もあるこの分野ですが、ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか

それでは番組を楽しみにしています。
--------------------------------------------------------------------------------------

ちょっと補足すると、こっち方面に踏み出した具体的な理由としては当時BEEPメガドライブ、BASICマガジン、ファンロードなんかの読者コーナーに載ってるイラストがどうも同じ傾向だったので、カートゥーン方面の画風で行けばかなり目立つんじゃないかと思って研究を始めたというところがあります。ファンロードはムリだったけど他はいくつか採用されたような希ガス。その後ディズニーファン誌を読むようになって、当時はカラーだった読者コーナーに投稿したりしてました。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2009-01-24 11:41 | その他

お気に入りのpodcastが軒並み終わっている

最近は通勤時に音楽を聴く事が完全に無くなって、podcast番組ばかり聴いております。
なかでもTBSラジオ系が結構聴き応えのある番組が多くて気に入ってたのですが、
4月の改変期になってそれらの番組がボロボロ終わっていく。

まず宮台真治の週刊ミヤダイ    まぁこれは番組の中で告知があったので仕方が無い

文科系トークラジオ Life これは最新の特集タイトルが「Life」だったのでチラッと聴いてみたらやっぱり最終回だった。 まだ聴いてない回がいくつかあるのでしばらくはなんとか持つ。月イチで再開するらしいのでそれを待つ。

サイエンス・サイトーク  最近更新が無いと思ってサイトを見に行ったら ”放送終了しました。” って…。告知ぐらいしろよ…。

通勤に片道1時間程度かかるので、長めのポッドキャストは非常に重宝してる。特にニュース解説系の番組は大して関心の無い話題でも面白く聴けるので世の中の動きがよくわかるようになった。それだけに長めの番組が3本も終わると結構痛い。
最近では日経ビジネス「編集長の終わらない話」が人事異動で終了というのがすごいショックだったなぁ。今は交代して続いてるけど。

あと現状でよく聴くものとしては
小西克哉 松本ともこ ストリーム
日経ビジネス 編集長のここだけの話
週刊朝日編集長登場、今週の読みどころ
映画秘宝.com 町山智浩のアメリカ映画特電

な感じ。久々に新たな番組開拓の旅に出てみる。オーディオブックというのもいいかも。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2007-04-12 00:10 | その他

2007年

あけましておめでとうございます

さすがにネタ切れ気味な空気が漂いつつあるココ最近ですが、
こういう場があるのと無いのとではまた少し違うとおもうので、
今年も細く長くやっていくのかなぁという感じです。今のところ。
思い出したように更新するかもしれないので、今年もよろしくお願いします。

ジョセフ・バーベラ氏の件はすっかりスルーしてしまいましたが、
ハンナ、バーベラ両氏については、トムとジェリー以外のMGM時代の作品を観る事が出来たら、相対的な作家性みたいなものがもっと掴めたのかもしれない。
トムとジェリーだけを見続けたとき、キャラクターは好きになるけど、作り手側についてはピンと来ないままというか。
そう感じるのは、自分が好きなチャック・ジョーンズやフリッツ・フレレングなんかが何をやっても監督のクセがにじみ出るような作風だったせいかも
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2007-01-03 00:20 | その他

自分ネタを少々

 ここに書くかどうか迷ったんですが、今後記事を書いてったとき個人的にチグハグな感じになりそうだったのでちょこっと書いておきます。
 先日のデスマ開けをもって7年ほど勤めたところから去る事になりました。
 CGといえばCMかゲームな感じの日本で、ラッキーな事にTVその他向けの、ストーリー性のあるCGアニメに比較的多くかかわって来れました。最後の数年はアニメーションで大事な役目ももらったし、一方で末期はかなり過酷な状況にもなりましたし、貴重な経験ではありました。スタジオは最後”そして誰もいなくなった”ってぐらいの感じで、もはや当分のあいだプロジェクトを回せなくなってましたね…。
 はて、1年後、3年後、5年後、自分がどうなってるか想像もつきませんし、映像を取り巻く環境もiTunesやらYouTubeなど最近大きな動きがあるので、それらの影響が何らかの形で自分の身近にでて来るかもしれません。まぁ遅かれ早かれあるでしょうが、いい方向である事を祈るばかりです。

とりあえず自分としては、なんとかウデの落ちないよう基本的な事を大事にしつつ、できればゲームよりもストーリー性のあるCGアニメーションに関わっていきたいですねぇ。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-10-16 00:26 | その他

早朝イクスピアリ

Cars2回目いってきました。
イクスピアリではDLP版の方は朝2回の上映になってました。通常版のほうは1日やってるみたいですが、自分としてはどうしてもDLP版を観たいし、ただそれだけで1日の予定が埋まってしまうのはヤだったので、朝イチの回にいってしまいました。バイクの調子も良かったし。

朝イチの回というのはAM9:29。本来イクスピアリはAM10:00 OPENなので、映画館の他は全部まだ開いていないという、非常に珍しい状態を見る事が出来ました。
約15分前に到着して駐車場からの連絡通路に入ってみたらいきなりエスカレーターが動いてない。やや不安を覚えつつ、動かないエスカレーターをヨロケながら登ってみると通路の先の扉が閉まってる。ばっちりカギもかかってる。後15分だよ。どうやって入れと。浦安駅までまわるのかなぁと思って引き返そうとしたら係の人が来て開けてくれました。
連絡口を出ると一旦広場に出て、その先にイクスピアリの入り口があるんですが、そこもカギがかかってる。と、近くに待機していた係の方が説明してくれました。
どうもこの時間は裏口も表口も閉まってるようで、一旦ランド側の道路に出て、映画館用の入り口から入るようになっているそうです。
こんな出入口あったかなぁと思いながら入ったんですが、実はラジオの公開スタジオの横にある非常口でした。
本当に映画館以外はライトも落ちてて、柵があって入れない状態で、それはそれで面白い光景でした。
そんな状態でも結構チケットを買ってる人が多かったのは意外でしたね。Cars自体も3分の1ぐらいは入っててちょっと驚きでした。
なんか長くなったので続きは別エントリで。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-07-30 22:34 | その他

立体チキンを観に行こうとしたら

バイクのバッテリーあがってましたよ。
年末でバイク屋もやってないだろうな。

前に乗ったのはビッグサイトのプラモデルショーだったか。

乗らなすぎ。

年に7日乗ってるかなぁ…

追記:結局京葉線でイクスピアリに行ってきました。ランドのカウントダウン目当ての客が並んでるのが見えた。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-12-31 12:16 | その他

トラックバックについてのお願い

基本的にトラックバックは大歓迎ですが、トラックバックスパムを避けるため、やむを得ずリンクチェックをする事にしました。
お手数ですが、トラックバックしていただける方はこのブログへのURLを記事の中に入れていただければと思います。

トップページでもかまいませんが、記事を特定したい場合は、文末の # マークをクリックすると個別の記事ページに飛びますのでそちらのURLをご利用ください。

勝手ながら、よろしくお願いしますです。m(__)m
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-12-11 01:38 | その他

いや〜

ブログってこぇ〜(^^;;)ゞ  なんつってw

ヒント:このまえの「ラッコのオーリー」の記事
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-09-24 17:47 | その他

ちょっとメモ

テクノラティ
ブログ検索だそうです。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-07-24 10:21 | その他