カテゴリ:音楽( 6 )

コテコテ70’ユーロディスコ in YOUTUBE

ちょっと思いつきで70年代のユーロ系ディスコをYOUTUBEで検索してみた。
ややクドいですがメロディがカッコいいのが多い。
70年代の曲はソウル系ディスコがいまでもよく流れますが、こっち系ももっと注目されていいんではないかと。


アラベスク  :”ハロー・ミスターモンキー”で有名なドイツのグループ。でもその曲は見つからず。
フライデイ・ナイト
ミッドナイト・ダンサー:自分はアラベスクのベストCD持ってますが、この2曲は結構好きな曲です。
特に後者がカッコいい。最後のシメが刑事ドラマみたい。Gメン75とか(古すぎ)。
Rock Me After Midnight:自分は初めて聴くけどアラベスクらしいノリですね。ベスト盤には入ってなかった。
In For A Penny, In For A Pound 恋にメリーゴーランド :イントロがカッコいい、比較的有名な曲。…ですが…映像がちとケバ過ぎか…。


ニュートンファミリー :ハンガリーのグループだそうです。
DON QUIJOTE  :”ドン・キホーテ、ドン・キホーテ”のサビがクセになる。子供の頃に聴いて以来、そこだけは覚えてましたね。映像では英語ではなく原語版ですね。
Santamaria  :70年代ディスコを集めたCandyPopsというコンピレーションアルバムの中にも入っていて、結構好きな曲なんですが…。映像がクドすぎて怖い…。


ジンギスカン :つい最近ソラミミflashでブレイクしましたw。ドイツの超有名グループ
Dschinghis Kahn: 代表曲ジンギスカン。今でもバラエティ番組でBGMに使われたりしてますね。
MOSKAU: いわゆる ”もすかう”。上もそうですが、真ん中の人のキャラが強烈。その上全体としてもほとんど戦隊もの。
Loreley: 上2つに比べるとテンションは普通な感じの曲。こういうのもいいですね。でも後半曲調が変わるなどサービス精神は相変わらずのようで。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-10-30 03:13 | 音楽

何?この恐竜

ダイアナ・ロス If We Hold On Together - Single

iTunesサウンドトラックページのトップからリンクはってありました.

ということでまったく不意を突かれる感じでリトルフットのパッケージ画を見る事になってしまいました.
みんなが知っているスタンダードナンバーは実はアニメのテーマ曲だったという。
でも肝心のアニメ本編の知名度は殊日本では0に近いもんだから、この記事のタイトルみたいな疑問を抱く人が多いんだろうなぁ。
自分はすでにサントラ版CDもってるので買わんけど。

念のために言っておこう。
If We Hold On Togetherは、アニメーション映画「謎の恐竜大陸 ―リトルフットの冒険―
(DVDでは”リトルフット”と改題)」のために作られたテーマ曲です。
間違えやすいですが、ディズニー映画じゃありません。
でもDVDはディズニー映画の棚を探すと見つけやすいかもしれません(店が間違えてるから)。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-07-16 22:31 | 音楽

ちょっと実験

このあいだ別件で唐突に購入したラピュタのサントラ。
iTunesで流しながらふと思いついてピラネージのデータベースにいってみる。


「合唱 君をのせて」とピラネージの銅版画。

やべぇ。ハマりすぎて笑えるww
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-10-18 23:21 | 音楽

J-waveのJALのCMの曲あった〜〜〜〜!

自分はけっこうラジオを聞く方で、平日朝と土曜朝昼はBAY-FM、日曜日家にいるときはだいたいJ-WAVEがかかってます。
ラジオ番組としては結構メジャーなクリス・ペプラーのTokyo Hot100なわけですが、この後そのままかけているとサウジ・サウダージっていうボサノバ系の曲を流す番組がはじまります。
で、少し前までこの番組で流れていたJALのCMのBGMがイイ感じで、すごい好きだったんですが、半年ほどまえに突然スポンサーが変わってしまい、聴けなくなってしまいました。
ゆったりとしたけだる〜いハワイアンで、この曲を聴くと「あ〜、日曜が終わる〜、終わんないで〜」という、なんとも切ないような気持ちイイような気分になったものでした。
でも自分はハワイアンなんて聴いたことも無いし、歌手も曲名もわからなかったので、聴きたくても全く手がかりがありませんでした。

で、そんなことはほとんどあきらめかけてたさきほど、何か変わった曲は無いかとiTunesMusicStoreのワールドミュージックのアルバムチャートを物色していたところ、Keali i Reichel という人の E O Mai(iTunesリンク)というアルバムに遭遇。声と曲調に”あの曲”のサインを感じて探してみたところ、
やっぱりありました!

kawaipunahele(iTunesリンク)

これです!

自分がCD屋で探すのはほぼ不可能と思ってたんですが、ITMSのおかげで探し当てることができました。
やっぱりITMSはすごい!
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-09-22 01:01 | 音楽

ラテンなんて聴くとは思わなかったが

たまには変わった記事も出してみる。
iTunes Music Store JPが始まってもう1ヶ月ほど経ちましたが、こいつのおかげでCD屋では見向きもしないような音楽にも出会う事が多くなりました。

とくにITMS RSS ジェネレーターで新規追加のアルバムをRSSリーダーでチェックできるようになり、こいつを毎週見てると、アットランダムにいろんなジャンルが出てくるのでなかなか面白い。何でも即試聴できるので発見も多いです。

その中で見つけたのがLatin Beats: A Tribute to Tito Puente
これのoye como vaが、かなりツボでした。有名な曲で、多分聞いた事ある方もいるかもしれません。
他のバージョンがいろいろあるみたいですが、このアルバムのバージョンが一番ヘビィでイイ。

試聴してみると他にもかなりシブい曲が多数あったのでアルバムごと購入。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-09-10 01:36 | 音楽

スモトリ

あんまりこのブログらしいことじゃないけどちょっと気がついたので。
ワイヤードの記事で『iTunesミュージックストア』で脚光を浴びる伝説的ハワイ人歌手
ってのがありますが、iTMSできいてみたらどこかで聞いたことある声なので探してみたらやっぱりそうでした。
たまーにラジオで流れてたんですが
アケボノ〜、ムサシマ〜ル、アン’コニシキ〜
という曲はこの人の歌だったんですね。すごいインパクトのある曲でした。
Israel "IZ" Kamakawiwio'ole
Tengoku Kara Kaminari(Thunder from Heaven)
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-07-28 09:04 | 音楽