Shorts DrawerとStash SIXPACK

この前のエントリーで触れたStashの影響でまたいくつかDVDを購入。
一つは、というか1種類目は海外のCG情報サイト3D Totalが出しているShorts Drawerというヤツ。
2004年版と2005年版があるけどその両方。
 もう一つ目はStashの6枚組パックStash SIXPACK
あわせて8枚も買い込んでしまいました。
2月中頃に同時に注文してShorts Drawerが先週金曜、 SIXPACKが昨日の土曜日に来ました。
値段としてはSIXPACKがニンテンドーDS本体と同じくらい。Shorts Drawerが2つあわせて五千数百円なのでDSソフトぐらいでしょうか。自分としてはDS買うよりこっちの方がいい。

 Shorts Drawerのほうは、やや学生というか、ハイアマチュアの作品が多いかなという印象。特に2004年版がそうなんですが、デザイン、絵作り、アニメーションはプロ並みなのにお話がしょーもなかったりするのが多かった。BlurのRock Fishが入ってるのが救い。
 2005年版の方ではしょーもない作品も若干あるものの、結構ユニークな作品が多かった。
個人的に好きなのは"Employee of the month"というもの。よくマンガでアイデアを思いついた時、電球が頭の上にピコーンと光る表現がありますが、それを利用した作品。主人公は会社員で締め切りまでに一定の大きさの電球を出さないといけないのだが、懸命にアタマを絞っても一向に出てこない。一方デキる奴は抱えるほどでかい電球を生み出して…という話。なんだかもう切実な感じで良かった。ホントにアイデア賞もの。
残念なのはBucketという作品。なんと途中で切れてる! マックスウェルレンダーの作例でよく出て来る博士二人組のアニメで、どこかweb上で見たような記憶がある。
多分このディスクだけの問題じゃないような気がするんだが…

SIXPACKはさすがに全部は見切れていません。6枚組というのでどんなパッケージかと思ってたんですが、BOXタイプではなくて、厚みがトールケース2個分ぐらいしかない非常にコンパクトなケース。
開けてみるとディスクがテンコ盛り。
a0015997_22594090.jpg

そのかわり単品では付いて来るブックレットが入ってない。ここは気にする人もいるかも知れないですが、自分は特に問題なし。
CMやTV局のタイトル、ミュージックビデオなどが多いので、やっぱりShorts Drawerより人も金もかかってる印象。Shorts Drawerは画質にバラツキがあるけどさすがにこれは高画質。スクイーズじゃないんですが。

最近はビデオポッドキャストでもChannel Frederatorをよく見ていて、自分的にルーニーテューンズ以来の短編アニメマイブームという感じ。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2007-03-04 23:37 | 3DCG


<< お気に入りのpodcastが軒... GarageBandやSoun... >>