ピクサー展についてつらつら

今日はピクサー展に行ってきました。
いままでピクサーのメイキング本などをみてもコンセプトアートについてはそれほど関心を持てないでいました。というのも、あまりにシンプルな作りのために物足りない印象を持ってしまうのです。
でもこのピクサー展は行って大正解でした。プレビジュアライズ段階の生原稿からはアーティストの手作り感が滲み出ていました。コレは印刷物にした段階で大幅に損なわれるか、ほぼ0になってしまうぐらいの質感でした。なので図録も買ってません。

モノクロや線画の絵は大きいんですが、カラーコンセプト等の絵はほんとうにサムネイルといったぐらいの大きさでした。それでも劇中そのままの雰囲気がでている。
同じ絵を液晶ディスプレイでスライドショウしてたりするんですが、ディスプレイを通すとほんとにCGとおなじ画面にみえるのがすごい。

会場の最初と最後に大掛かりな展示があリました。
最初の方はコンセプトアートの世界に没入していくような映像作品。
絵は平面だけども3Dの奥行きを感じる動きになっていて、かなり見応えあります。
DLPを4台横につなげて5:1ぐらいの超ワイド画面にしてありました。

最後はジブリ美術館の展示からインスパイアされた立体ゾーエトロープ。
円形のステージをトイストーリーの人形がいくつも取り囲んでいる。ステージが回転し始めて、照明がストロボになると人形がアニメーションしているようにみえる。
実際に観るとほんとうに滑らかにアニメーションしている。特にぞろぞろ出てくる3つ目エイリアンがとてもカワイイ。
しかしカワイイからと言って、もしコレに触れようものなら超高速で回転するオブジェに巻き込まれて大惨事になることでしょう。安全策のためにガラスで囲まれてるのでその心配は無いですが。でもあれは触ってみたくなります。


p.s.最近「ピクサーが制作」などといってヌルい人をだましているグロテスクなCGキャラクターが居るようですが、否定しようとして話題にすると知名度が上がってしまうのでそんな釣りには釣られないでくださいクマー。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-07-17 01:14 | アート


<< 早朝イクスピアリ カーズついてつらつら >>