カーズついてつらつら

カーズはすでに先週見に行ってたんですが、記事にするタイミングを逃して現在に至ります。
DVDを買ったら結構ちょくちょく見返す作品になりそうです.
たぶんイクスピアリのDLP上映をもう一回ぐらい観そう。次はもっと前の方でディテールを堪能してこよう。
イクスピアリっつーところもまた異様な空間ですよね。この映画の場合、映画館の外にも2重3重に関連グッズやらフォトロケやらで取り囲まれてる状態になってました。それで隣にはランドとシー(いや、それがメインなんだけど)で5重6重の包囲網が敷かれている感じ。
ふだんはあまり入らないんですが、ついつい釣られてディズニーストアのカーズコーナーに立ち寄ってしまいました。

釣られて入ってしまったのはやはりキャラクターのせい。予告編や映画紹介では車のキャラクターが今ひとつピンとこなかったんですが、映画を見た後は印象が一変している。これは1作目のトイ・ストーリーでもそうでした。ここら辺がピクサーは本当にうまい。
ちなみにメーターのおもちゃが劇中そっくりの動き方をするので感心しました。

カーマニアが観ても楽しめるポイントがいくつもありそうですが、この映画を観てカーマニアになる事はないでしょう。この映画の車と実車では魅力のポイントが全く違うので。
ただしこの映画を見た子が大きくなって別方面からカーマニアになって、その後この映画を見直してみたらぶったまげた…という事は起こるかもしれません。

個人的にはラジエータースプリングスの岩が車の形をしてるのが好き。

日本語版は画面のローカライズがいつにも増して徹底してたなぁ。
赤坂”エイ先生”泰彦はもしかするとポスト山寺宏一になったりして。それはないか。
日本語版演出はまたしても木村絵里子氏。「バックスバニーのぶっちぎりステージ」のころからちょくちょく目にするお名前です。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-07-17 00:15 | カートゥーン


<< ピクサー展についてつらつら 何?この恐竜 >>