Pixar=Disneyについてつらつらと…

こういうメジャーな話題についてはからきし弱いこのブログです。
もうさんざんいろんなところで書かれてるのでスルーしちゃっても良いかなぁと思ったんですが、関連するコメントをいただいたのと、晒し上げにしてしまった「ディズニー(?)アニメ」が約2本ありますのでこの話を取り上げないと不公平かなと。

近年のディズニーの迷走ぶりをみると、3DCGとかピクサーとか関係なしにダメだった部分はかなり大きいとおもうので、ディズニーにとって最大の幸運はピクサーっていう集団が存在したことでしょうね。
ジョブズとラセターはそういうおかしな部分を今後バッサバッサと斬っていくことでしょう。
新作として珍品が出るのはハタから見てる分にはおもしろいんですが、過去の資産食いつぶしみたいなところがけっこう問題でした。
間違いなく終わりそうなのはビデオオリジナルの続編もの。
あと個人的には某ゲームみたいなのも。やった事ないんでよくは知らないんですが、どうやってもミスマッチだろうという組み合わせで、なんだかゲーム会社に素材としていいように料理されていたような感じでした。聞くところによるとそのゲームにPixarのキャラは登場しないんだとか。

今後については期待するなというほうがムリな話で、その一方当事者はたいへんだと思いますが、なんとか期待に応えて欲しいものですね。
ヨソでも書かれてますが、やっぱりiTunesで新作の短編が続々出てくるような状況になってほしい。さらに言えば、最低限DVD画質でないとちゃんと味わえないと思うので、もう一段画質のいい動画配信も希望したいところです。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2006-01-31 22:34 | カートゥーン


<< なんと、ダーククリスタル続編の監督は 2006年 全米公開アニメーシ... >>