360°短編アニメーション"Swing High" 制作ノート 2: 制作時間編



制作ノートですがだいぶ間があいてしまいました。ツイートもだいぶ前の物になってしまいますが、今回は制作にはどうしても必要な時間についての話です。

●個人制作をするにはどうしても時間を捻出しないといけないけど、自分の場合、基本的には土日祝の他に平日午前中を使っていた。本職の方は13時から21時+残業という感じ。

●個人制作に入る前は自分も10時半〜19時+残業という形態だったけど、360°アニメを作らないといけないと感じたとき、ほとんど辞めるつもりで上に話をしてみた。

●現在の職は欠員があってもあまり人が集まりにくいようで、いろいろ話した末に就業時間を調整することで落ち着いた。忙しいときは個人制作は止めて午前中から出勤することに

●正直自分としても辞めたらメンタル的にキツかったと思う。一方で個人制作に時間をフルに使えてたら…と思うことは何百回もあった。結果的にはよかったのかなと思うようにしている。

という感じで自分なりに制作時間を確保することが出来ました。
長丁場だったのでずっと制作詰めというわけにも行かず、どうしても行きたい映画やイベントも有ったりするのでその時は制作が止まってしまいます。
開始から一年目は一眼カメラの360°撮影にハマったりしてけっこう制作と関係ない物に時間を使っちゃったりしました。
平日の制作は完全に午前中しか出来ず、帰宅してからやろうと思っても寝落ちして作業になりませんでした。
そんな状態でやってもおかしなミスや事故が起きるだけなので、帰宅してからの作業はよほど気になる部分があるとき以外はしませんでした。

本職:制作:その他プライベート 
という3つの時間のせめぎ合いというか。本職はどうしようもないですが、制作とプライベートの時間のバランスをとるのが難しかったです。

制作時間の問題は自主制作したいという方は誰でも突き当たる事かと思いますが、ここはもう個々人の状況によって時間の作りかたを考えるしかないという感じで、他の方が自分と同じような方法をとるのは難しいかと思います。自分はその点では非常に恵まれていたと思います。一方で自分は手伝ってもらえる仲間やチームという物を持てなかったのでその点も制作時間やクォリティに影響しているところがあると思います。


[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2016-07-13 11:18


<< Swing Highが360°... 360°短編アニメーション&q... >>