マダガスカル観ました

遅い夏休みをもらったので行ってきました。 でも映画の日だったとは知らなかったなぁ。ハシゴを予定してればよかった。
これは面白かったです。ドリームワークスのCGアニメにしてはけっこう何年経っても楽しめる作品になってると思います。相変わらずポップカルチャーを取り入れてますが、今回は非常にうまく行ってました。映画全体のノリになっているというか、空回り感がなかった。
 キャラクターの動きは、というかキャラクター自体の魅力がすばらしく、主役4匹にしてもキツネザルにしても単なる動きというんじゃなくてある種、芸とかパフォーマンスのレベルになってるのがすごいですね。パフォーマンスのアドバイザーがいるんでしょうか、実写を撮って参考にしてるんでしょうか、それともアニメーター自身がパフォーマーなんでしょうか。ここら辺は興味ありますね。
 それにしてもテンションが高い。5秒ぐらいのあいだに12、3個アクションがある感じ。
 最近のあちらの長編アニメの流行りなのか、コミカルなキャラクターはとにかく早口にする傾向があって、たまに辟易します。この映画も同じく早口ですが、まぁキャラクター的に許せる範囲かなとは思います。自分は吹き替え派なのでいいんですが、字幕では追いつけないんではないでしょうか。あ、ちなみに柳沢慎吾はうまかったです。
 予告では前半のニューヨークでの騒動がピックアップされてましたが、本編を見るとやっぱりマダガスカルに行った後の方が面白かった。ライオンのアレックスが本能に目覚めてだんだん壊れていく様子がじっくり描かれていてよかった。
 野生のシビアさをきちんと(でもユーモラスに)描くシーンもあって好感です。

ホントはこういうCGアニメこそDLPなどのデジタル上映で観たいものではあるんですが、まだ一般化してないのでそこは残念ですね。
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2005-09-02 10:27 | カートゥーン


<< 渋谷めぐりで気になったもの:そ... 「アニメ!アニメ!」さんが別サ... >>