ベルヴィル・ランデヴー

いろいろなのが一段落しまして、やっと映画行くことが出来ました。
ちょうど雪降ってるし品川のアレに行こうかと思いましたが、こっちにしました。
劇場は偶然、元IMAXシアター(なんで辞めちゃったかはナゾ)。

カリカチュアがすばらしい。過剰なディフォルメの嵐。
話自体はなんということはないけれども、絵の見た目以上に映画全体のアクの強さはとても印象に残り、終わったあとでも「そういう視点」で周りを見てしまいたくなる。
人間キャラの顔はハデだが感情自体は抑え気味でシブさを出している。
情緒的なものは犬が一手に引き受けてる感じ。
音楽もいいのでサントラ買いました。

カエルがいい味です(・∀・)
[PR]
by yoshihide-ohkubo | 2004-12-29 21:20 | カートゥーン


<< Mr.インクレディブル が〜〜〜ん >>